損切りより利食いのほうが難しい

損切りが難しい……そんな説明にフォーカスすると、さらに難しいものになってしまいます。

(必要な)損切りを、適切なタイミングで実行する──これが、私たち実践者が目指す行動スタイルです。そのためのヒントを、短い動画で紹介しました。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

【重要基本テク】損切り

・見込み違いのポジションは切る
・その現金で、次のトレードを考える
 
損切りという発想に触れて「なるほど!」となるのですが、損切りによって負けが確定すると同時に、(そのポジションによる)利益の可能性を捨てる行動は、感情的に実行が難しいのです。
 
多くの投資家にとって、損切りは大きな課題でしょう。
 
ひとつでも有効なヒントがあれば……現在、損切りをテーマにした動画をYouTubeにつづけてアップしています。
ぜひとも、ご覧ください。
 
210531_損切り_350.png
 
 
mks_210531_350.png
 

【上級者の思考】損小利大

明日の株価、数日後の株価がわかればなあ──。
子どもじみていると理解しながら、誰もが空想してしまいます。
 
グズグズを打破する突破口は売買テクニック。
損のトレードを減らすのではなく、損の「金額」を小さく抑えるのです。
 
いわゆる「損小利大」
 
なるほどと納得するのですが、具体的にどう考えればいいのか……。
この問題をテーマにYouTube動画を企画し、3つの軸で解説しました。
 
20210526_350.png
 

YouTubeに番組をアップ

研究所のYouTubeチャンネルに新しい動画をupしました。10分程度でご覧になれます。

予測の的中率を劇的に高めるのは至難の業。
必然的に、値動きに対する対応(ポジション操作)によって損益をコントロールすることが求められます。

俗にいう「損小利大」こそが売買テクニックですが、実現に欠かせない条件とは?

「損小利大」のテクニックを成立させる3つの条件

相場の予測を高い確率で当てるのは至難の業……必然的に、損を小さく抑えて利益を伸ばす、損小利大のテクニックが求められます。

でも、ただ頑張るだけでは実現しません。
必要な3つの条件を紹介しました。

YouTubeに番組をアップ

昨夜、研究所では新しい動画をupしました。

内容はこちら↓↓

株式投資 入門 初心者】相場・トレードにおける「予測」とは? ~儲けるための大切な考え方~

相場の予測は当たるものでしょうか?
「当たる」と考えていいのでしょうか?

予測というものについて、どう捉え、どう考えるのが適切なのか──わかりやすく説明しました。

【参考動画】トレード・相場の命はこれだ!

【参考動画】プロの技法の第一歩は「分割売買」だ

プロが教える株式投資の基礎知識 新常識(林知之著)
Amazonでチェック!

ブレない投資手法 曲げない投資哲学
~相場に立ち向かうための起承転結~ (林知之著)