循環物色かリバランスか ~下値を固めて出直した株

やや出遅れ気味ながら、底を固め、じわっと立ち上がった銘柄に注目しました。

→ 視聴可こちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

日本株正念場で、注意すべき売りサイン

陰湿に売られる日本の株式市場。

そろそろコツンと音がするか……

こんな相場だからこそ、「注意すべき売りサイン」の銘柄に焦点を当ててみました。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

Ⅴ字の切り返しを買う技術

個別の動きが戻ってきたようでいて、手を出すと難しい……

現在の相場において注目すべき値動きとともに、実践的に欠かせない注意点を解説しました。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

冴えない相場で灯る買いサイン

主役だった銘柄にも売り圧力が……それでも、スピーディーに下げる銘柄は少なく、光るような上昇をみせる銘柄もある──ポジションサイズを膨らませるのはキケンでも、買い目線を外せない、そんな意見が成立する観察結果があります。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

読みにくい相場で、じわっときた銘柄

今週の「ウイークエンド株式投資」は、じわっときた銘柄──。

どんな根拠で「じわっときた」銘柄なのか?
どんな相場観、どんな視点があるのか?

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

順張りの基本 ~切り返しに乗る技術

株式市場は月曜日に急落、そしてスッと戻った──。
無意味なタラレバを言わず、これから先を考えるのが実践です。

ウイークエンド株式投資6月25日。
「切り返し」をキーワードに、これから上伸に乗るための実践的な対応を考えました。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

新規ポジションを取りにくい正念場で探る一手

今週の半ばで、いったんピークをつけたとの観測もありますが、目先の予測に振り回されず、戦略をはっきりさせてトレードしたい──。

売るのか、買うのか、それともポジションを取らないのか……実践的な売買の指針を考えましょう。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

出遅れか、強い銘柄か ~押し目終了後の買い戦略

マーケット・スクランブル、毎月の第2週はテーマ別の番組。

出遅れか、強い銘柄か ~押し目終了後の買い戦略


実践的な分析を、ぜひご覧ください → この動画を見る(YouTube)

番組フォローアップ(ブログ)は、中源線シグナル配信会員に限定してお届けします。

ms20210614_350.png

二極化する株式市場 ~悪形に手を出すな

個人的に買い目線をキープしながらも、「こういった銘柄に手を出すとキケンかも」「カラ売りするならこんな銘柄かな」と、中源線が売り線のものを3銘柄紹介しました。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)