YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をup

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をupしました。10分程度でご覧になれます。

うねり取りのツール「中源線シグナル配信」~後編

【株 うねり取り システムトレード】
相場を当てるのは至難の業──値動きを“泳いで”いくためのツールをもつのが王道です。
そんな大切な話をしたうえで、自慢のシグナル配信も紹介しました。

 

チャンネル登録、お願いします。

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をup

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をupしました。10分程度でご覧になれます。

うねり取りのツール「中源線シグナル配信」~前編

【株 うねり取り システムトレード】
相場を当てるのは至難の業──値動きを“泳いで”いくためのツールをもつのが王道です。
そんな大切な話をしたうえで、自慢のシグナル配信も紹介しました。

 

#投資 #株 #買い時 #売り時 #買い方 #売り方 #うねり取り #システムトレード #売買シグナル #林知之 #大橋ひろこ

チャンネル登録、お願いします。

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をup

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をupしました。10分程度でご覧になれます。

トレードルールのつくり方~後編

【株 うねり取り システムトレード】
トレードルールをつくるとき、ベテランでもやってしまう“うっかり”ミスがあります。
どんな注意が必要なのか──バックテスト、フォワードテストの考え方などとともに解説しました。

チャンネル登録、お願いします。

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をup

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をupしました。10分程度でご覧になれます。

トレードルールのつくり方~前編

【株 うねり取り システムトレード】
トレードルールをつくるとき、ベテランでもやってしまう“うっかり”ミスがあります。
どんな注意が必要なのか──バックテスト、フォワードテストの考え方などとともに解説しました。

チャンネル登録、お願いします。

「買ったら天井」「売ったら底」を避ける法

買ったら天井、売ったら底……いわゆる「高値づかみの安値たたき」は、まさに“相場あるある”です。

これを避けるにはどうすればいいか?
きわめて難しい課題ですが、超実践的な解説を動画にしました。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

損切りより利食いのほうが難しい

損切りが難しい……そんな説明にフォーカスすると、さらに難しいものになってしまいます。

(必要な)損切りを、適切なタイミングで実行する──これが、私たち実践者が目指す行動スタイルです。そのためのヒントを、短い動画で紹介しました。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をup

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をupしました。10分程度でご覧になれます。

うねり取りの強みと弱み~後編

【株 うねり取り システムトレード】
株価の先行きを、絵に描いたように当てることなど不可能です。
現実では、判断基準(手法)による「強み」を生かしつつ、「弱み」を受け入れる必要があるのです。うねり取りというやり方の捉え方として、これ以上大切なものはないはずです。

チャンネル登録、お願いします。

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をup

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をupしました。10分程度でご覧になれます。

うねり取りの強みと弱み~前編

 

【株 うねり取り システムトレード】
株価の先行きを、絵に描いたように当てることなど不可能です。
現実では、判断基準(手法)による「強み」を生かしつつ、「弱み」を受け入れる必要があるのです。うねり取りというやり方の捉え方として、これ以上大切なものはないはずです。
出演:
林知之
大橋ひろこ

 

しこり玉の整理期間をどう見極めるか

下がった株価が再び上昇するには、ある重要な条件が必要です。

それが「整理の期間」です。

チャート分析きほんの「き」、整理期間の見極め方について、実際のチャートや図を豊富に示しながら解説しました。

→ 視聴はこちら(林投資研究所YouTubeチャンネル)

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をup

YouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に過去動画(再編集版)をupしました。10分程度でご覧になれます。

手仕舞いせよ! ふところに入れてなんぼじゃ~後編

【株 うねり取り システムトレード】
つい「仕掛け」にばかり目を向けて、大切なクロージングである「手仕舞い」がうまくコントロールできない・・・相場あるあるだと思います。そこを深く考えた内容です。
出演:
林知之
大橋ひろこ

【おすすめチャンネル】
▼林投資研究所チャンネル

▼なるほど!投資ゼミナール

【中源線建玉法について】
▼「中源線」とは?

▼新刊『中源線建玉法 基本と応用』

▼中源線研究会 無料登録(シグナル配信トップページ無料閲覧可)

※「中源線シグナル配信」は、林投資研究所が当局に届け出ている助言サービスです。クーリングオフの対象です。また、利用に際しては市場の変動リスクが生じます。ご契約にあたっては、金融商品取引法第37条の3の規定によりお渡しする「契約締結前書面」の説明をよくお読みください。なお、この書面は以下のURLからダウンロードできます。
https://www.h-iro.co.jp/e-shop/signal-doc.pdf
(お申込時に、あらためて交付します)