・6月18日までの週 | 矢口新

━━━━━━━━━━━ Seminar on Trading ━━━━━━━━━━━
    殿堂入りメールマガジン:「相場はあなたの夢をかなえる」
    ☆無料版(参照&登録):https://www.mag2.com/m/0000031054.html
「生き残りのディーリング」の著者による経済と相場の解説(折に触れて)
★有料版(\840税込:購読登録):http://www.mag2.com/m/0001111340.html
まぐまぐ大賞2016:資産運用(予想的中!)第1位(毎週月曜日)
━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━

・iPad、iPhoneでお読みの方は、上部アドレスバーにある[リーダー]をクリックすると、読みやすくなります。

 

 

 

・著書案内:日本が幸せになれるシステム: 

グラフで学ぶ、年金・医療制度の守り方(著者:矢口 新、ペーパーバック版)

65のグラフデータで学ぶ、年金・医療制度の守り方(著者:矢口 新、Kindle Edition)
 

・著書案内:日本が幸せになれるシステム問題集

日本経済の病巣を明らかにするための57問(著者:矢口 新、Kindle Edition)

 

・Book Guide:What has made Japan’s economy stagnant for more than 30 years?:

(Arata Yaguchi: Paperback)
How to protect the pension and medical care systems (Arata Yaguchi: Kindle Edition)

 

・Quiz Book: What has made Japan’s economy stagnant for more than 30 years?: 

57 questions to reveal the problems of the Japanese economy (Arata Yaguchi: Kindle Edition)
 

 

 

ドクロ このページの使い方

 

1、まずは原文を読んで、だいたいどのような内容かを推測する
2、単語、表現を参照しながら、もう一度読む
3、日本語訳で確認する
4、最後に原文を音読する
5、日本語訳を読むだけでも、1週間の出来事が分かる

日本語訳は可能な限り前から後ろに訳している。その癖をつけないと、早く読んだり、耳で聞いて理解するようにはならないからだ。話し言葉は前から順に消えていくので、聞き手は前から順に理解している。日本語は結論が後に来ると言われるが、文脈から聞き手は結末を予測しているのだ。

 

英語では結論が先に来るので、聞き手はその詳細を期待することになる。例えば、何かが最も上がったなどという表現の後には、期間や範囲を限定する表現が続く。その後に理由やその他の詳細が続くのだ。だから英語での討論では「いったい何がいいたいの?」などということはなく、聞き手が話し手を途中で遮って、「あなたの言いたいことは分かるが、、、」と自分の意見を述べることもできるのだ。

 

 

 

【操業中止のウラニウム鉱山に新たな命。エネルギー高騰で】
(6/13:参照) Mothballed Uranium Mines Get New Lease on Life as Energy Prices Soar 
https://www.wsj.com/articles/mothballed-uranium-mines-get-new-lease-on-life-as-energy-prices-soar-11654689780 
Russia accounted for 6% of the world’s mined uranium production in 2020, yet it supplied roughly 16% of U.S. imports because of its dominance in enriching uranium for use in nuclear reactors, according to industry and official data.
The Ukraine war has driven up prices of crude oil and natural gas, making alternative power sources such as nuclear more competitive. The conflict has fanned concerns about the reliability of supplies from Central Asia, especially Kazakhstan, which was also roiled by unrest this year. Kazakhstan is the world’s biggest uranium producer and typically ships via Russia.
The Ukraine war has highlighted vulnerabilities that the nuclear industry has yet to overcome in the decade since triple meltdowns at Japanese reactors in Fukushima led several countries to shun nuclear power. Russia’s shelling of Ukrainian nuclear plants has made some investors nervous about safety, while higher energy costs risk exacerbating an economic slowdown that would weigh on electricity demand.
Some mining executives worry that labor shortages and rising inflation will dent the viability of bringing old uranium mines and new projects into production.


《マーケットでよくでる単語・表現》

fan 煽り立てる
roil かき乱す
shun 避ける
exacerbate 悪化させる
viability 実行可能性


《日本語訳》

ロシアは2020年の世界の採掘ウラニウム生産の6%を占めていた。しかし、米国輸入の約16%を供給した。何故なら原子炉で使用するためのウラニウムの濃縮で支配的立場にあるからだと、同産業と公式なデータが示している。
ウクライナ戦争は原油や天然ガスの価格を上昇させ、原子力など代替電源の競争力を高めている。この紛争は、中央アジア、特に今年、ここもまた騒乱により混乱したカザフスタンからの供給への信頼性に対する懸念を煽っている。カザフスタンは世界最大のウラニウム生産国で、通常はロシア経由で輸出している。
ウクライナ戦争は、福島の日本の原子炉が3度の融解を起こしたことで、いくつかの国々が原子力発電を敬遠するようになってからの10年間、原子力業界が未だに克服していない脆弱性に注目させた。ロシアによるウクライナの原子力発電所への砲撃は一部の投資家に安全性への不安を高めた一方で、エネルギーコストの上昇は景気後退を悪化させ、電力需要を圧迫するリスクがある。
鉱山経営者たちの中には、労働者不足とインフレ率の高騰によって、古いウラニウム鉱山や新規プロジェクトを生産に持っていく可能性が下がると懸念している者たちがいる。



【ロシアの安いエネルギーに長期依存してきた欧州工場。いくつか閉鎖中】
(6/14:参照) Some European Factories, Long Dependent on Cheap Russian Energy, Are Shutting Down 
https://www.wsj.com/articles/some-european-factories-long-dependent-on-cheap-russian-energy-are-shutting-down-11655112927 
For decades, European industry relied on Russia to supply low-cost oil and natural gas that kept the continent’s factories humming.
Now Europe’s industrial energy costs are soaring in the wake of Russia’s war on Ukraine, hobbling manufacturers’ ability to compete in the global marketplace. Factories are scrambling to find alternatives to Russian energy under threat that Moscow could abruptly turn off the gas spigot, bringing production to a halt.
Europe’s producers of chemicals, fertilizer, steel and other energy-intensive goods have come under pressure over the last eight months as tensions with Russia climbed ahead of the February invasion.
Some producers are shutting down in the face of competition from factories in the U.S., the Middle East and other regions where energy costs are much lower than in Europe. Natural-gas prices are now nearly three times higher in Europe than in the U.S.


《マーケットでよくでる単語・表現》

in the wake of~の結果として
hobble 足をひきずらせる
spigot 栓


《日本語訳》

何十年もの間、欧州の産業は低価格の石油と天然ガスの供給でロシアに依存し、欧州大陸の工場を稼働させてきた。
今、欧州の産業用エネルギーコストは、ロシアの対ウクライナ戦争の結果として高騰し、製造業の世界市場で競争する能力に支障をきたしている。工場らは、ロシア政府が生産中止につながる天然ガスの栓を突然に閉じる可能性がある恐れがあるために、ロシアのエネルギーに代わるものを見つけようと躍起になっている。
欧州の化学品、肥料、鉄鋼など、エネルギー集約型製品の製造企業らは、2月の侵攻前からロシアとの緊張が高まっていたために、過去8カ月間プレッシャーを受けている。
一部の生産企業らは、米国や中東、その他のエネルギーコストが欧州よりも大幅に低い地域の工場との競争に直面して、閉鎖している。欧州での天然ガス価格は米国でのよりも、現在ほぼ3倍の高値だ。

関連:EU's 6th sanctions package against Russia, including oil 
https://www.reuters.com/markets/europe/eus-6th-sanctions-package-against-russia-including-oil-2022-06-03/

関連:Energy Stocks Are Set to Get Hotter. 6 That Can Get You a Piece of the Gusher 
https://finance.yahoo.com/m/bdd8e23b-aaa0-3ec9-8bbb-e2c7ba646bc3/energy-stocks-are-set-to-get.html

関連:India And China Take In Russian Oil Unwanted In The West 
https://finance.yahoo.com/news/india-china-russian-oil-unwanted-150000272.html



【30年住宅ローン金利がたった1週間で5.5%から6.28%に急上昇】
(6/15:参照) 30-year mortgage rate surges to 6.28%, up from 5.5% just a week ago 
https://www.cnbc.com/2022/06/14/30-year-mortgage-rate-surges-to-6point28percent-up-from-5point5percent-just-a-week-ago.html 
Mortgage rates jumped sharply this week, as fears of a potentially more aggressive rate hike from the Federal Reserve upset financial markets.
The average rate on the popular 30-year fixed mortgage rose 10 basis points to 6.28% Tuesday, according to Mortgage News Daily. That followed a 33 basis point jump Monday. The rate was 5.55% one week ago.
Rising rates have caused a sharp turnaround in the housing market. Mortgage demand has plummeted. Home sales have fallen for six straight months, according to the National Association of Realtors. Rising rates have so far done little to chill the red-hot home prices fueled by historically strong, pandemic-driven demand and record low supply.
Higher home prices and rates have crushed home affordability.
For instance, on a $400,000 home, with a 20% down payment, the monthly mortgage payment went from $1,399 at the start of January to $1,976 today, a difference of $577. That does not include homeowners insurance nor property taxes.
It also does not include the fact that the home is about 20% more expensive than it was a year ago.


《マーケットでよくでる単語・表現》

turnaround 転回場所
affordability 取得能力


《日本語訳》

住宅ローン金利が今週急上昇した。米連銀がより積極的な利上げを行うのではないかとの懸念が金融市場を動揺させたためだ。
モーゲージ・ニュース・デイリーによれば、人気の30年固定住宅ローンの平均金利は火曜日に10ベイシスポイント上昇し6.28%となった。月曜日には33ベイシスポイント上げていた。1週間前は5.55%だった。
金利の上昇は、住宅市場を急転回させている。住宅ローンの需要は激減した。全米不動産協会によれば、住宅販売は6カ月連続で低下した。金利上昇はこれまでのところ、歴史的に旺盛なパンデミックがもたらした需要と、記録的な供給不足により過熱した住宅価格を冷やすことはほとんど出来ていない。
住宅価格の高騰と金利上昇で、住宅購入能力が打撃を受けた。
例えば、40万ドルの住宅購入で、20%の頭金だとすると、月間の住宅ローン支払いは1月初めの1399ドルから、今日の1976ドルとなり、577ドルも多い。これには、住宅保険料や固定資産税は含まれていない。
またこれには、住宅が1年前から約20%値上がりしているという事実も含まれない。

関連:The Fed May Discuss the Biggest Interest Rate Increase Since 1994 
https://www.nytimes.com/2022/06/13/business/fed-interest-rate-increase.html

関連:Fed Set to Lift Rates as ‘Soft-ish Landing’ Becomes a Harder Sell 
https://www.nytimes.com/2022/06/14/business/economy/federal-reserve-rates-economy.html



【OPECが生産目標に届かず、石油供給懸念が台頭】
(6/16:参照) Oil Supply Fears Mount As OPEC Underperforms 
https://finance.yahoo.com/news/oil-supply-fears-mount-opec-190000183.html 
- As national average gasoline prices have surpassed the $5 per US gallon mark for the first time in history, the market is set for further tightness after ten consecutive weeks of inventory declines.
- With US gasoline demand increasing to 9.2 million b/d recently, gasoline exports are still running strong at 1 million b/d as Mexico and other Latin American nations remain dependent on US supplies.
- With US refiners no longer able to purchase Russian VGO as it remains banned, many are forced to choose between gasoline and diesel, meaning that both segments cannot be catered for simultaneously.
- Both diesel and gasoline cracks have soared above $50 per barrel vs WTI, though gasoline should overtake the former on the back of still-higher demand expected over the summer months.
News of OPEC+ members underperforming their production targets is far from surprising, yet this week’s oil trading has been palpably impacted by the prospect of undersupply. Whilst Chinese demand is suffering once again from COVID lockdowns, continued supply disruption in Libya and OPEC revising its growth outlook downwards have more than offset bearish sentiment.


《マーケットでよくでる単語・表現》

VGO(Vacuum Gas Oil) 減圧軽油
cater 要求を満たす
palpably 明白に


《日本語訳》

ガソリン価格の全国平均が米国ガロン当たり5ドルを突破、過去最高値を記録した。市場は、10週間連続の在庫減を受けて、さらにひっ迫する見通しだ。
米国のガソリン需要が最近、日量920万バレルに増加したことに加え、ガソリン輸出はメキシコや他の南米諸国が米国の供給に依存したままでいることで、依然として強く日量100万バレルで推移している。
米国の精製業者たちは、制裁が継続しているロシアの減圧軽油を購入することがもはやできないことで、多くはガソリンかディーゼル(軽油)のどちらかを選ぶことを強いられている。このことは、この両者を同時に精製することができないことを意味する。
ディーゼルとガソリンは共に、WTI原油に比べて1バレル当たり50ドル以上高騰している。もっとも、ガソリンは夏の行楽シーズンにより多くの需要が見込まれることを背景に、ディーゼルよりも高くなる見通しだ。
OPEC+諸国が生産目標に達していないとのニュースは、全く驚きではないが、今週の石油取引は明白に供給不足の見通しの影響を受けている。中国の需要がまたまた新型コロナウイルス・ロックダウンによって減少している一方で、リビアの供給は引き続き崩壊しており、OPECが成長見通しを下方修正したことが、弱気心理を相殺して余りあるからだ。

関連:Fed Raises Rates by 0.75 Percentage Point, Largest Increase Since 1994 
https://www.wsj.com/articles/fed-raises-rates-by-0-75-percentage-point-largest-increase-since-1994-11655316170

関連:With inflation at a 40-year high, 5 financial pros share how to invest and save during times of high inflation 
https://finance.yahoo.com/m/2964744f-3bea-3bbf-bacf-0f3ad7f9ebe8/with-inflation-at-a-40-year.html



【ウクライナ戦争で、世界の武器市場が新たな前線として登場】
(6/17:参照) In Ukraine War, Global Arms Market Emerges as a New Front 
https://www.wsj.com/articles/in-ukraine-war-global-arms-market-emerges-as-a-new-front-11655389740 
While the U.S. and its allies have been supplying Western systems, many of the arms deliveries to Ukraine involve Soviet-legacy and or Russian-manufactured equipment that is most commonly used by the Ukrainian military. But Western arms brokers and Ukrainian officials said Russia is often outbidding Ukraine for these supplies and hastening to fortify its own dwindling weapons stores.
In a briefing in Washington last month, the U.K.’s defense secretary, Ben Wallace, said that the U.K. and U.S. had been scouring the 23 countries that hold stocks of Russian-made arms and equipment for purchase and transfer to the Ukrainian military.
Last month, Czech and Polish brokers working on behalf of Ukraine had completed a deal with a Bulgarian supplier for Russian-made armored vehicles and artillery shells when a group of Armenian buyers offering to pay a 50% premium succeeded in winning the contract, said a Ukrainian parliamentarian familiar with the negotiation.
Russia is, after the U.S., the largest exporter of weapons in the world. In addition to direct sales, Russian equipment, as well as older Soviet weapons, are often bought and sold by middleman companies that are registered in the U.S. and elsewhere in the West.
Russia now appears to be trying to stop those brokers from supplying arms for Kyiv’s war effort.


《マーケットでよくでる単語・表現》

scour 徹底的に調べる


《日本語訳》

米国とその連合国たちが西側のシステムを供給している一方で、ウクライナに納入されている武器の多くに、ウクライナ軍が最も通常に用いているソ連時代の、そして、あるいはロシア製の装備が含まれている。しかし、西側の武器商人たちやウクライナの当局者たちが言うのは、ロシアはしばしばこられの武器供給にウクライナ以上の高値をつけ、同国自身の減少しつつある武器貯蔵の強化を急いでいる。
ワシントンでの状況説明で先月、ベン・ウォーレス英国防長官は、英国と米国はロシアの武器や装備を保有している23カ国を徹底的に調べ、購入してウクライナ軍に移送すると述べた。
先月、チェコとポーランドの武器ブローカーたちが、ウクライナのためにブルガリアの供給者とロシア製の装甲車と砲弾の契約を成立させた時、アルメニアのバイヤーたちが50%のプレミアム価格を提示し、契約の勝ち取りに成功したと、交渉に詳しいウクライナの国会議員が述べた。
ロシアは米国に次いで、世界最大の武器の輸出国だ。直接販売に加えて、ロシア製の装備や、旧ソ連製の武器は、米国やその他西側諸国で登録された仲買企業らによって、しばしば売買されている。
ロシアは今、ウクライナ政府の戦争遂行のために武器を供給しているそれらのブローカーたちを、止めさせようとしているようだ。

関連:Europe is making it much harder for Russia to ship oil anywhere 
https://edition.cnn.com/2022/06/16/energy/russia-oil-ships-insurance/index.html

関連:Ukraine’s State Energy Company Keeps Russian Gas Flowing as War Rages 
https://www.wsj.com/articles/ukraines-state-energy-company-keeps-russian-gas-flowing-as-war-rages-11655199183



【なぜ、ベアとブルが米証券市場のマスコットになったのか?】
(6/18:参照) How bears and bulls became Wall Street's mascots 
https://edition.cnn.com/2022/06/14/business/bear-bull-meaning-wall-street-stocks/index.html 
Let's start with the bear, since, according to Merriam-Webster, that mascot of the market sell-off emerged first. The term derives from "bearskin" which was used in the 18th century as a metaphor for speculative stock buying that's known today as short-selling (aka betting that a stock will go down).
It comes from a proverb warning not to "sell a bear's skin before one has caught the bear," according to the dictionary. The name "bearskin jobber," (jobber meaning wholesaler) apparently referred to a person selling the bearskin. 
Bearskin got shortened to bear, and here we are.
The bull seems to have been a response to the bear amid the South Sea frenzy, and we'd have to ask (long dead) poet Alexander Pope why he selected the bull as the bear's counterpart in this verse that alludes to his participation in the stock scandal:
Come fill the South Sea goblet full;
The gods shall of our stock take care:
Europa pleased accepts the Bull,
And Jove with joy puts off the Bear.
It's entirely possible we got the term "bull" because Pope wanted something cool-sounding to rhyme with "full."
The idea is that a bear attacks by swiping its paws downward on its prey (downward swipe = stocks go down). A bull, on the other hand, thrusts its horns upward to gore the poor souls who cross its path (upward thrust = stocks go up).
There's a bit of gruesome history linking bulls and bears in this way, according to the financial media site Investopedia. Between the 1200s and 1600s in England, people would attend bull- and bear-baiting contests and gamble on the outcomes.


《マーケットでよくでる単語・表現》

metaphor 比喩
aka の別名でも知られる
allude 暗に示す
Jove ローマ神話のヨベ
swipe 強打する
gore 突く
bait いじめる。けしかける

on、by、with、ofなど、前置詞の用法については多くの英文に親しむことで習うより慣れてください。


《日本語訳》

まずは、ベアから始めよう。何故なら、メリアムウェブスター辞書によれば、この市場下落のマスコットが先に出現したからだ。この言葉は、18世紀に今日の空売り(株価が下がる方に賭けること)として知られる、投機的な株式購入の比喩として使われた「ベアスキン」に由来している。
これは、この辞書によれば、「熊を捕まえる前に熊の皮を売る」なかれと警告することわざから来ている。「ベアスキン・ジョバー」(ジョバーとは卸売り業者)の名前は、明らかにベアスキンを売る人を指している。
ベアスキンがベアに縮められ、今に至っている。
ブルは、南海バブルの最中に、ベアに対応するようになったようだ。(随分前に亡くなった)詩人、アレクサンダー・ポープに尋ねて、彼がこの株式スキャンダルに参加したことを暗示するこの詩に、なぜ彼がベアの相手にブルを選んだのかを見る必要がある。
南海のゴブレットを満杯(フル)にしよう、
神々は我々の株をお守り(ケア)くださる、
ヨーロッパは喜んでブルを受け入れ、
ヨベは喜び勇んでベアを退ける。
ポープが「フル」と韻を踏むクールに響く何かを求めたために、我々が「ブル」という言葉を得た可能性が十分にある。
(別の)考えはこうだ。熊は獲物に対して前足を下向きに強打して攻撃する(下向き強打=株価下落)。一方で、牡牛はその角を上向きに突き上げて、前を横切る哀れな生き物を突き刺す(上向き突き上げ=株価上昇)。
ブルとベアに繋がる少しぞっとする歴史には、このようなものがあると、金融関連メディアサイトのインベストメディアに載っている。1200年代から1600年代のイングランドで、人々はブルとベアを戦わせ、その勝敗結果に賭けていたようだ。



-------- Seminar on Trading --------
「毎日、数行!マーケット情報で学ぶ経済英語!」時代に役立つ英語と、相場の知識。日々の海外市場のニュースを通じて、英語を学びましょう。経済、相場英語の解説を「生き残りのディーリング」の著者が解説。
☆無料(参照&登録):https://www.mag2.com/m/0000142830.html ☆
一週間のまとめはブログでも読めます:https://ameblo.jp/dealersweb-inc/
---------------【 TPA inc. 】--------------- 



・著書案内:日本が幸せになれるシステム: 

グラフで学ぶ、年金・医療制度の守り方(著者:矢口 新、ペーパーバック版)

65のグラフデータで学ぶ、年金・医療制度の守り方(著者:矢口 新、Kindle Edition)

 

・著書案内:日本が幸せになれるシステム問題集

日本経済の病巣を明らかにするための57問(著者:矢口 新、Kindle Edition)
 

・Book Guide:What has made Japan’s economy stagnant for more than 30 years?:

(Arata Yaguchi: Paperback)

How to protect the pension and medical care systems (Arata Yaguchi: Kindle Edition)


・Quiz Book: What has made Japan’s economy stagnant for more than 30 years?: 

57 questions to reveal the problems of the Japanese economy (Arata Yaguchi: Kindle Edition)



-------- Seminar on Trading --------
毎日、数行! マーケット情報で学ぶ経済英語!
☆無料(参照&登録):https://www.mag2.com/m/0000142830.html
一週間のまとめはブログでも読めます:https://ameblo.jp/dealersweb-inc/
---------------【 TPA inc. 】---------------



執筆者著書紹介】 

ブログ一覧に戻る