・5月29日までの週 | 矢口新

━━━━━━━━━━━ Seminar on Trading ━━━━━━━━━━━
    殿堂入りメールマガジン:「相場はあなたの夢をかなえる」
    ☆無料版(参照&登録):https://www.mag2.com/m/0000031054.html
「生き残りのディーリング」の著者による経済と相場の解説(折に触れて)
★有料版(\840税込:購読登録):http://www.mag2.com/m/0001111340.html
まぐまぐ大賞2016:資産運用(予想的中!)第1位(毎週月曜日)
━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━

・iPad、iPhoneでお読みの方は、上部アドレスバーにある[リーダー]をクリックすると、読みやすくなります。

 

 

 

・新著案内:日本が幸せになれるシステム(著者:矢口新) 
65のグラフデータで学ぶ、年金・医療制度の守り方 Kindle Edition
 

 

 

ドクロ このページの使い方

 

1、まずは原文を読んで、だいたいどのような内容かを推測する
2、単語、表現を参照しながら、もう一度読む
3、日本語訳で確認する
4、最後に原文を音読する
5、日本語訳を読むだけでも、1週間の出来事が分かる

日本語訳は可能な限り前から後ろに訳している。その癖をつけないと、早く読んだり、耳で聞いて理解するようにはならないからだ。話し言葉は前から順に消えていくので、聞き手は前から順に理解している。日本語は結論が後に来ると言われるが、文脈から聞き手は結末を予測しているのだ。

 

英語では結論が先に来るので、聞き手はその詳細を期待することになる。例えば、何かが最も上がったなどという表現の後には、期間や範囲を限定する表現が続く。その後に理由やその他の詳細が続くのだ。だから英語での討論では「いったい何がいいたいの?」などということはなく、聞き手が話し手を途中で遮って、「あなたの言いたいことは分かるが、、、」と自分の意見を述べることもできるのだ。

 

 

 

占領下の生活。紛争のなかの悲惨
(5/24)
They demolished it together, after Israeli authorities decided that razing it would improve views of the Old City for tourists.
Mr. Sandouka, 42, a countertop installer, had been at work when an inspector confronted his wife with two options: Tear the house down, or the government would not only level it but also bill the Sandoukas $10,000 for its expenses.
Such is life for Palestinians living under Israel’s occupation: always dreading the knock at the front door.
Life Under Occupation: The Misery at the Heart of the Conflict より)


《マーケットでよくでる単語・表現》

demolish 解体する
raze 徹底的に破壊する
countertop 調理台
confront 突きつける
dread 恐れる


《日本語訳》

彼らは一緒に自宅を取り壊した。イスラエル当局がツーリストのために旧市街の景観を良くするために、建物を取り除くことを決定したからだ。
Sandouka氏(42歳)は調理台の取り付けが職業で、調査官が彼の妻に2つの選択肢を突き付けた時は仕事中だった。自分たちで自宅を取り壊すか、あるいは政府が更地化し、Sandouka家が1万ドルの費用を負担するかだ。
このようなものがイスラエル支配のもとで生きるパレスチナ人たちの人生だ。いつも玄関ドアのノックに脅えている。

関連:New Solidarity Among Palestinians Creates Fresh Challenge for Israel 



米国民、東京オリンピックが近づく日本への渡航禁止勧告
(5/25)
The latest troubling sign for the Summer Games came Monday when the State Department advised US citizens against traveling to Japan because of a sharp increase in Covid-19 cases.
The "Level 4: Do Not Travel" advisory is the highest cautionary level in the department's hierarchy of warnings.
US citizens warned not to travel to Japan as Tokyo Olympics near より)


《マーケットでよくでる単語・表現》

cautionary 警戒的な
hierarchy 階層


《日本語訳》

夏季大会へ向けて浮上した新たな問題は月曜日にやってきた。米国務省が米国市民に対して、新型コロナウイルス感染者が急増している日本への旅行を控えるように勧告したのだ。
「レベル4:渡航禁止」勧告は、国務省の警告順位で最も高いレベルの警戒水準だ。

関連:U.S. reports lowest number of new COVID-19 cases in nearly a year

関連:Japanese Business Leaders Add to Chorus Against Holding Olympics



中国の建設ブームにより、CO2排出が上抜け
(5/26)
The country's CO2 emissions from fossil fuels and cement production grew 14.5% in the first quarter of 2021 compared to the previous year, according to a Thursday report from the Centre for Research on Energy and Clean Air (CREA). That's the fastest rate of growth in more than a decade, lead analyst Lauri Myllyvirta wrote. Emissions were also 9% higher than they were in the first quarter of 2019, before the pandemic.
As a result, China's emissions generated nearly 12 billion metric tons of CO2 in the year ending March 2021, a record high.
China's construction boom is sending CO2 emissions through the roof より)


《マーケットでよくでる単語・表現》

Centre for Research on Energy and Clean Air エネルギー・クリーンエア研究センター
generate 生む


《日本語訳》

中国の化石燃料とセメント生産からのCO2排出は2021年第1四半期に前年比で14.5%増加したことが、木曜日に発表されたCREAの報告書で分かった。これは10年以上で最大の伸び率だったと、主任アナリストのLauri Myllyvirta氏が記述した。排ガスはパンデミック前の2019年第1四半期と比べても9%増だった。その結果、中国のCO2排出量は2021年3月までの1年間に120億メトリックトンと、過去最大を記録した。

関連:In climate push, G7 agrees to stop international funding for coal 



アジア太平洋で唯一の米空母が米軍アフガニスタン撤退を支援へ
(5/27)
The USS Ronald Reagan, whose home port is in Yokosuka, Japan, will head toward Afghanistan beginning this summer, the officials said, and will operate there for up to four months.
While it is away, the Navy will go without an aircraft carrier presence in the Asia-Pacific region for at least part of that time, the officials said.
The Reagan and its strike group have operated in regional waters, including the South China Sea, to ensure free navigation and adherence to the international sea laws as China has sought to expand its maritime claims.
Sole U.S. Aircraft Carrier in Asia-Pacific to Help With Afghanistan Troop Withdrawal より)


《マーケットでよくでる単語・表現》

USS 米軍艦
ensure 保証する
adherence 遵守
maritime 海の


《日本語訳》

日本の横須賀基地を母港とする米空母ロナルド・レーガンは、この夏からアフガニスタンに向けて経ち、当地で最長4カ月間活動すると政府関係者が述べた。
同艦が留守にする間、米海軍はアジア太平洋地域において、その期間少なくとも部分的には、航空母艦不在で活動するとした。
レーガンとその攻撃部隊は南シナ海を含む地域の海域で活動し、中国が海洋権益の拡大を試みるなか、自由な航行と国際海洋法の遵守を確かにしている。



米国人の54%は自社が人種差別反対の声明をしなければ退職を検討
(5/28)
One year after the death of George Floyd, a new report from diversity, equity and inclusion strategy firm Paradigm finds that many Americans are not only more aware of racial injustice in the United States, but they also want to see their own company take action against it.
54% of Americans would consider leaving a company if it didn’t speak out against racial injustice, new report finds より)


《マーケットでよくでる単語・表現》

diversity 多様性
equity 公平
inclusion 社会的な一体性
injustice 不正


《日本語訳》

ジョージ・フロイド氏の死亡から1年が経ち、多様性、公平、一体性の戦略企業パラダイム社の最新レポートによれば、多くの米国人たちはアメリカ合衆国内での人種的な不正行為を以前より強く認識しているのみならず、彼らが勤めている会社に反対する行動を起こして貰いたいと望んでいることが分かった。



ビットコインの採掘者たちが古い化石燃料発電所をよみがえさせる
(5/29)
Across America, older fossil-fuel power plants are shutting down in favor of renewable energy. But some are getting a new lease on life - to mine bitcoin. In upstate New York, an idled coal plant has been restarted, fueled by natural gas, to mine cryptocurrency. A once-struggling Montana coal plant is now scaling up to do the same.
Bitcoin Miners Are Giving New Life to Old Fossil - Fuel Power Plants より)


《マーケットでよくでる単語・表現》

in favor of~を支持して
get a new lease on life 息を吹き返す
idled 仕事のない
scale up 機能を高める

on、by、with、ofなど、前置詞の用法については多くの英文に親しむことで習うより慣れてください。


《日本語訳》

全米を通じて、旧来の化石燃料発電所が再生可能エネルギーに取って代わられて閉鎖している。しかし、いくつかはビットコインをマイニングするためによみがえっている。ニューヨーク州北部では、休止中の石炭発電所が天然ガスを燃料に再稼働され、暗号通貨を採掘している。かつて閉鎖の危機にあったモンタナ州の石炭発電所は機能を強化し、同様にマイニングしている。

関連:Iran bans bitcoin mining as its cities suffer blackouts and power shortages

関連:Yes, Bitcoin Is Useless. Many Will Say: So What?
 

 

 

執筆者著書紹介】 

 

 

 

ブログ一覧に戻る