・投資を学ぶ理由 | 矢口新

━【生き残りディーリング塾:http://s-dealing.com/】━
◎エスチャートが可能にする、節目を捉える山越え&谷越えトレード
エスチャートスクリーナーで出来高急増銘柄(節目)をキャッチ!
投資環境を掴めるマーケット情報。リスク管理の習得。運用スキルの向上。
--------------生き残りディーリング塾運営者情報----------------
ZuluTrade Japan株式会社 金融商品取引業者 
関東財務局長(金商)第1058号
加入協会/一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品取引法に基づく表示についてはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━

*iPad、iPhoneでお読みの方は、上部アドレスバーにある[リーダー]をクリックすると、読みやすくなります。

 

 

☆投資を学ぶ理由

1、日本は社会保障のシステムがしっかりしているので、国に任せていれば何があっても大丈夫?

厚労省組合せモデル(平成27年度)では、40年間サラリーマンとして働いた夫(厚生年金第1号)と、専業主婦(国民年金第3号)を、合わせた年金支給額は、月間22万1277円となっている。とはいえ、実際には満額を受け取る人は少ないので、現状受給者の平均は、14万7872円+5万5244円=20万3116円だ。

しかし、この数値は年金支給額が減額になる前の受給者を含んでいる。今後、受け取る世代では、65歳から受給を開始して、この金額の約3分の2を受け取ることになる。

新規裁定65歳カップル平均は8万2081円+5万1891円=13万3972円、
新規裁定60歳カップル平均は5万7458円+3万6324円=9万3782円、
新規裁定70歳カップル平均は11万6555円+7万3685円=19万0240円となる。

また、夫婦共に国民年金の場合は、厚生年金分の上乗せがないので、65歳カップル平均で5万1891円+5万1891円=10万3782円となっている。

2018年8月の現金給与総額は1人平均27万6366円だった。この金額でも悠々自適とは行かないだろうから、退職後の生活を国からの支給額だけに任せていれば、相当厳しいものになるのは避けられない。また、今後は少子高齢化が進むので、この金額から更に何割減になる可能性が高い。

そこで、政府は「生涯現役」を掲げ、現状の新規裁定の基準年齢を65歳から70歳に引き上げる画策をしている。年金制度の維持が目的なので、70歳引き上げ時の支給額は、現状の65歳時の支給額になるのではないか? そうなれば、その時に65歳から受給を始めれば、現状の割引率(年率7%)では夫婦平均で9万3782円となり実質的に大幅な減額となる。ここに日銀が狙っているようなインフレが来れば、年金制度は年金組織のための制度となり、国民の生活を保証するものではなくなるのだ。


2、老後に頼る年金制度は、少子高齢化でも国の補助で安心?

これはおかしい。何故なら、年金制度は少なくとも黒字で、支給額を減額し続ける限り(社会保障の意味はほとんどなさないとはいえ)黒字であり続けることができる。

一方の国は大幅な赤字で、国の借金はGDP比236%と、世界でも突出して高い。赤字の政府が黒字の年金を補助するとすれば、増税によって民間から財源を確保する必要がある。民間から吸い上げて民間に渡すことに、何の意味があるのだろうか? あるとすれば、「どこから取る」ことを決める政治家の権限が強まることぐらいだろう。
参照:債務残高の国際比較(対GDP比)


3、財政赤字は増税で解消?

国の借金約1300兆円は嘘だという人がいる。私はその発言の内容を知らないが、その嘘だというのは本当だろうか? 財務省の資料では過去20年近くの赤字は毎年40兆円規模で、赤字は借金で賄われているとしている。これだけで800兆円の借金となる。
参照:国の支出と収入はどのように推移している?


そしてそれ以前から、少なくとも資料で確認できる40年以上も前から、日本の財政は赤字なので、国の借金約1300兆円というのは真実である可能性が高い。

2017年度の法人申告所得総額は前年度比11.5%増の70兆7677億円と、8年連続の上昇で、記録が残る1967年度以降、初めて70兆円を超え、過去最高となった。一方で、申告法人税額は16年度比11%増の12兆4730億円と、ピーク時1989年度の18兆6412億円に大きく及ばなかった。法人税率が引き下げられているためだ。申告件数は289万6000件。そのうち黒字申告の割合は1ポイント増の34.2%で、7年連続の上昇となった。

これで分かる大事なことは2つある。1つは、法人所得が過去最高でも、法人税収はピークの3分の2でしかないことだ。これは、1989年度の消費税導入時に、法人税率の引き下げが始まったので、企業の税負担が減ったことを意味している。

もう1つは、過去最大の収益は企業全体の約3分の1の企業だけで上げていることだ。残りの3分の2は赤字なのだ。しかも、「黒字申告の割合は1ポイント増」とあるように、これでも改善してきている。赤字企業は、一時は7割を超えていた。そして、こうした赤字企業の急増は、1989年度の消費税導入時に始まったのだ。

その理由は、消費税が売上に掛ける税金だからだ。一方の法人税は利益に掛ける税金だ。つまり、消費税は事業を行うことに逐一課税するもので、法人税はその成果だけに課税する。以下に述べるように、消費税導入で企業経営が苦しくなったのだ。

消費税導入前は、消費者が1万円使えば、企業の売上は1万円だった。ところが、消費税3%では実質9700円に、5%では実質9500円に、8%では実質9200円になった。2019年10月からは実質9000円に、売上が減少する。売上が減少すれば、コスト削減が始まり、人件費、研究開発費、設備投資などが削られる。

それでも消費者が1万1000円以上使ってくれれば、実質売上は同じだが、1997年に消費増税率を5%に引き上げてからは経済そのものが縮小に向かい、消費者が使える金額も減っていった。これでは日本企業の国際競争力が激減するのも納得だ。

日本の税収のピークは1990年度の60.1兆円だ。つまり、消費税導入の一時的な効果で、税収増となったに過ぎない。実は、その時でさえ財政は赤字だった。以降は、法人税を含む所得税が減ったことで、税収は平均約50兆円で推移、ボトムはリーマンショック後の38.7兆円だった。この間も歳出は増え続け、近年は約100兆円規模で推移している。これでは政府の借金が増える一方のはずだ。

過去30年の延長線上で考えるなら(2019年10月の消費税率10%への引き上げは、全く同じ流れ)、日本の財政赤字が解消する見込みはゼロだと断言できる。

日銀黒田総裁は「消費増税の経済への悪影響はないと思われる」と発言したが、同氏の発言はデータに基づくものではなく、常に「マインドに訴えかける」ものだ。こう言うことで、「消費増税の経済への悪影響がなくなる」と本気で(?)信じているのだろう。


4、日本はアメリカが守ってくれる?

こうしたことはデータを基に話すことができないので、断定的なことは述べられない。とはいえ、歴史が教えてくれるのは、同人種、同民族、同文化の日本国内でさえ、大国が小国を守る時は、それ以上のメリットがある時だけだった。そして、メリットがある場合でもいずれは併合され、江戸時代に見られるように、支配被支配の関係が固定化した。

列強の植民地支配でも、植民地を「守る」戦いは、宗主国の利権を守る戦いだった。植民地が独立するには、宗主国と戦う必要があったのだ。


5、親方日の丸の公務員、または一流企業に勤めているので老後も安心?

日本の財政赤字が解消する見込みはゼロだということを認識できるなら、また、日本経済そのものの成長が期待薄なのなら、ギリシャの公務員に起きた事や、これまでに破綻した一流企業に起きた事が、自分には関係がないと思わない方がいい。

この右肩下がりの流れを転換させるには、1989年度以前の税制に戻すことしかないと、私は見ている。


6、投信はプロが運用するので安心?

投信を買って損した人は多いと思う。実際に、投資のプロが長期にわたって優れたパフォーマンスを上げ続けることは難しい。1つの大きな理由は、資産の規模が大きくなり過ぎると、自由な売買ができなくなるためだ。

そこで、安心できるファンドを選ぶことについて、私ができるアドバイスは、長期にわたって優れたパフォーマンスを上げているにも関わらず、資産の規模をそれほど大きくしていないファンドを見つけることだ。しかし、それは利益を分配しつつ、新規の募集を行っていないことを意味するので、事実上、あなたが買うことはできない。

また、何でもプロの方がうまいと思う人は、車の運転でも、自分でするのが恐くて、バスやタクシーに頼る人だ。もっとも、バスに乗るのは、自分で運転するよりもはるかにコストが安いが、それでも、プロだからといって事故を起こさないとは限らない。


上記、1~6の共通点にお気付きだろうか? 自分の大事なことを、国やアメリカ、企業、プロなど、他人任せにしていることだ。

投資を学ぶ大きな理由とは、自分の人生の大事を、少しでも自分で決定できるようにすることにある。そこで、次回のコラムでは「自発的な投資の勉強で得られるもの」について、質問させて頂く。



☆「矢口新の短期トレード教室」
転換点を見極め、利益を残す方法を学ぶ
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775991541

 


目次:

序章:短期トレードは頭のスポーツ
1.短期トレードの魅力
2.短期トレードの注意点
3.市場は寄り付き、指標発表前後、引け間際によく動く
4.短期トレードのメリット
5.自分にできることにチャレンジする
6.できると分かれば、できる
7.繰り返しをいとわない
8.相場はギャンブルではない
9.職人技の修業


第1章:どのようにして収益を上げるのか?
第1節.山越えを待って売り、谷越えを待って買う
第2節.TPA理論
第3節.短期トレードはチャンスが多い
第4節.週足、日足、時間足、分足の順にチェックする
コラム、片サイドトレードと両サイドトレード(ドテン売買)の優位性は?
コラム、保合い相場への対応は?


第2章:転換点(山越え&谷越え)の見極めに使える「道具」は何か
第1節.テクニカル分析とファンダメンタルズ分析
第2節.使えるテクニカルと使えないテクニカル
第3節.ローソク足について知る
第4節.酒田五法について
第5節.トレンドライン(各種ライン)について
  1)トレンドラインとは
  2)パラレルラインについて
  3)ライジングウェッジについて
  4)フォーリングウェッジについて
  5)三角保合いについて
  6)ラインの性質について
  7)トレンドラインの基本形について
  8)トレンドラインの評価
第6節.チャートパターンについて
    1)概要
  2)評価
第7節.移動平均線について
  1)概要
  2)移動平均線の引き方
  3)評価
第8節.移動平均線の派生テクニカル
    1)エンベロープ(概要と評価)
  2)移動平均乖離率(概要と評価)
    3)加重移動平均線(概要と評価)
    4)指数平滑移動平均線(概要と評価)
第9節.MACD
    1)概要
  2)評価
第10節.オシレーター
    1)概要
  2)評価
第11節.RSIについて
    1)概要
  2)評価
第12節.ストキャスティクスについて
    1)概要
  2)評価
第13節.ボリンジャーバンドについて
    1)概要
  2)評価
第14節.パラボリックについて
    1)概要
  2)評価
第15節.一目均衡表について
    1)概要
  2)評価
コラム、移動平均線の使い方
コラム、ローソク足は終値を待つべき?
コラム、順張りと逆張りのどちらがいい?


第3章:転換点の見極めに役立つテクニカル
第1節.転換点の見極めに役立つ道具とは
  1)酒田五法
  2)ボリンジャーバンド
  3)移動平均線
  4)トレンドライン、チャートパターン、酒田五法
第2節.移動平均線を使えば、誰にでも「転換点」が見極められる
  1)移動平均線はシンプルなテクニカル指標
  2)暴騰、暴落時には大儲けできる可能性が高い
第3節.最終的に、シンプルに考える~KISSアプローチ~
コラム、なんぴん買いをしてもいい?
コラム、ピラミッディング(買い乗せ、売り乗せ)はどうする?
コラム、移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスについて(最適化の罠)


第4章:出口戦略について
第1節.損切りと損切りオーダーの違い
第2節.損小利大について
第3節.トレイリング・ストップ
コラム、利益確定ラインもエントリー前に決めるべきか?
コラム、両建ては使っていい手法?


第5章:素のチャートで転換点を探ることが、最も効率の良いやり方
第1節.テクニカル指標は自転車の補助輪に過ぎない
第2節.頼るべきは素のチャート
第3節.素のチャートでエントリーとエグジットを考える
コラム、エントリーに遅れたときは?


第6章:まとめ(自分にあったリスク管理)
第1節.繰り返せば上達する相場へのアプローチ
第2節.自分の適正ポジションを知る
第3節.収益拡大のコツ
第4節.右端での対処(値動きに反応する)

特別コラム、貸出・手数料ビジネスの利益、過半数の地域銀行(地銀)でマイナス
コラム、トレーダーに必要な資質とは?
あとがき

他の書籍は以下のページから:
http://aratayaguchi.web.fc2.com/



相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー


━【生き残りディーリング塾】━
エスチャートは相場のタイミングを捉えるのに適しています。出来高急増というのは、誰かが実際に売買を行った結果なのだから、何かが起きていても不思議ではないからです。

 

エスチャート・スクリーナーは節目にある銘柄に出会えるチャンスを広げる
ツールです。生き残りディーリング塾ではエスチャートの使い方はもとより、
投資運用のスキルアップに関して、矢口新が出来る限り協力いたします。


【サービス内容】

1)マーケット情報:相場に役立つ経済情報(矢口新のコメント、見方を含む)

 

2)エスチャートスクリーナー:出来高急増銘柄を探すことにより、谷や山といった相場の節目にある銘柄に出会うチャンスを得るツール。

 

3)SBBR(エスチャート・ブル・ベア・レシオ):
観察日数8日、3つの基準日のシグナルの総数の比率=行き過ぎを判断

 

4)生き残りTV:いつでもセミナー内容などをオンラインで閲覧可。

現在の配信例

・「2013年相場見通し」セミナー (1時間51分 資料付き)
・「エスチャートが可能にする山越え&谷越えトレード」セミナー (1時間52分 資料付き)
・「エスチャートによる銘柄選択と売買タイミング」セミナー(1時間26分 資料付き)

 

5)電子書籍「円高を止める方法、活かす方法」(矢口新、東洋経済新報社刊、1995年)の閲覧

パフォーマンス他の参照画像


【会費】

入会金:なし
3ヶ月契約:9,975円
6ヶ月契約:18,900円
1年契約 :35,700円
(全て税込み)

※新規入会はこちらから:(運営:ZuluTrade Japan株式会社)

 

※無料情報もあります。

・エスチャート30銘柄
・トレードセンス養成講座

お申し込みはこちらから→ http://s-chart.com/


↓次世代エスチャートのお申し込みはこちら↓
http://s-dealing.com/price.htm


※株式会社へのご質問はこちらから承ります。

1ヶ月契約:3,500円、入会金もないので、まずはサイトをみて頂ければ幸いです。

--------生き残りディーリング塾運営者情報---------
ZuluTrade Japan株式会社 
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1058号
加入協会/一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品取引法に基づく表示についてはこちら
 http://s-dealing.com/risk.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【執筆者著書案内】
・「エスチャートが可能にする山越え谷越えトレード」など、他

*iPad、iPhoneでお読みの方は、上部アドレスバーにある[リーダー]をクリックすると、読みやすくなります。

ブログ一覧に戻る