おじいちゃん投資家の大局観 | サヤトレ通信

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「おじいちゃん投資家」をテーマにお届けします。

私が金融に興味を持ち勉強をスタートしたのは、2006年頃です。

今から15年前の遥か昔。

当時、日本や世界で活躍して投資で大きな結果を出していたファンドマネージャー達は、今、おじいちゃんの高齢になっています。

おじいちゃん投資家の時系列としては、今から15年前の2006年にブイブイ言わせていました。

よってそのまた5〜10年前くらいに投資で結果だして活躍していたと推測します。

つまり今のおじいちゃんは、20年〜25年前の投資で大きな結果を出していたイメージです。

私が投資の勉強をスタートした2006年は、彼らの発言はカリスマであり投資の神でした。

15年前に彼らの本を読み学んでいるので私の投資哲学や金融知識の基礎が築かれています。

しかしそんな私が15年後の今、現在。

かつて投資の神だった彼らをどう見ているのか?

正直に言います。

「大局を読めなくなったおじいちゃん」

そう感じる投資家も中には数名います。

ポジショントークで本音を述べていない能性もありますので判断が難しいですが世の中、時代によってルールは変化しています。

この20〜30年で変化した常識もあれば、新しく誕生したテクノロジーも沢山あります。

例えば2021年の時点でブロックチェーンに対して否定的な投資家がいた場合、私はその投資家の投資センスを疑います。

シンプルに技術の勉強をしていない人と判断。

また脱炭素、SDGs、ESGなどの環境を考えない投資家。

この辺りを重要に考えていない投資家おじいちゃんは、世の中の大局を読む力を完全に失っていると言えるでしょう。

これらは一時的な流行りのファッションではありません。

【参考記事】
http://sayatore.com/blog/2021/04/27/11536

世界中が集まって「脱炭素の方向で行こう!」と決定して言っているのに、まだ分かっていない人もいます。

昔に大きな結果出したけれど現在は、大局が読めなくなれば(理解出来ない?)今後、結果が出ない事でしょう。

皆様は、20〜30年前に結果を出したおじいちゃん投資家と直近5年で結果を出している30〜40代のおじさんの投資家。

どちらの意見や相場の情報を得たいでしょうか?

過去、私にとって投資の神だった人物でも今では、ただのおじいちゃんになっています。

そしてそういう私も日々高齢化していきます。

自分の投資能力や判断の衰えに関しては、しっかりと客観的に考えていきたいです。

The post おじいちゃん投資家の大局観 first appeared on サヤトレ通信.

ブログ一覧に戻る