「今月稼ぐお金」と「1年後に稼ぐお金」 | サヤトレ通信

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「今月のお金と1年後のお金」をテーマにお届けします。

世の中多く労働者に支払われるお給料は、1か月後に支払われるケースがほとんどです。

その日働いて、その日のお金が貰える仕事もありますが、来月のお金のために今月働くのが一般的に多いのが現状です。

「来月給料をもらう為に今日働く」

今日1日の「日銭」ではなく1ヶ月なので「月銭」というのが正しいですが目先のお金を稼ぐ意識は、誰でも最初は、持っていないといけない大切な意識です。

しかし来月の給料を意識した月銭の意識だけで仕事をしていると、いつまで経っても収入は増えません。

現在、飲食店の配達員の仕事をしている方は、街中でとても多くなっています。

その日1日は沢山稼げるのでとても素晴らしい仕事です。

しかし本日の働きが1年後に全く反映されない仕事である。

この認識を持って働く方がいいでしょう。

本日は、来月は1円も入ってこないけれど1年後に入ってくる働き方(年銭)についてお届けします。

私は、本日やる労働の中でも1年後に稼げる仕事の比率を50%以上にするように意識しています。

言ってみれば、このメルマガのその一つです。

今日1通書いて、稼げる金額は、ほぼゼロ円です。

しかしこのメルマガを1年間書く事でその間に売上が発生していきます。

サヤトレのようなWEBサービスの開発も同じです。

WEBサービスを作り始めても最初は、儲からない開発期間です。

私は、WEBの場合、早くて半年、上手くいって1年くらいは稼げるまでに時間がかかると考えて取り組んでいます。

「1年後の収入になる労働を今日する」

このような働き方を意識し続けた事で実践から数年後には、少しずつ1年前の努力が実となり楽になっていきました。

今日の働きの結果が出るのは1年後なのである程度、未来を予測して働く必要があります。

実践から半年経って収入がゼロだと途中で辞めたくなる人が99%です。

みんな目先のお金を稼ぐために精一杯です。

世の中に1年後の収入のために今日1日の時間を使える人なんていません。

しかし日銭や月銭の働き方では、金銭的な余裕を作るのは困難なのも事実です。

1日の労働時間の中でまずは1時間でいい。

来月の収入ではなく1年後の収入につながる仕事を実践してみてはいかがでしょうか?

半年後に不安になると思いますが結果が出るのは、最初から1年後と最初から意識しておきましょう。

1年後と分かっていれば頑張りを継続出来るかもしれません。

日銭、月銭を稼ぐ働き方から1年後の収入につながる年銭の働き方を意識すると年々少しずつ収入が大きくなります。

忙しい現代において難しい事ですがぜひ意識してください。

The post 「今月稼ぐお金」と「1年後に稼ぐお金」 first appeared on サヤトレ通信.

ブログ一覧に戻る