システムトレードが継続出来ずに失敗する原因 | サヤトレ通信

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「システムトレードの失敗」をテーマにお届けします。

現在「自動売買レポート」を執筆中です。

完成次第、私が使っている自動売買のKENSHIRO-225を弊社紹介でお申込みされた方にプレゼントします。

自動売買初心者の方が知りたいポイントや間違いやすい点をまとめてレポートにします。

自動売買実践にお役立ていただければ幸いです。

■KENSHIRO-225 5000円お試し体験(サヤトレ特典付き)
https://225trade-startup.com/scl/1sy

本日は、2014年に増田が実際に失敗したシステムトレードの実体験をお伝えします。

システムトレードと自動売買は、異なります。

システムトレードと自動売買の違いが分からない方、下記の記事をお読みいただくと分かりやすいです。

【参考記事】
http://sayatore.com/blog/2020/06/25/11059

2014年に私は、数十万円のシステムトレード検証ソフトと複数の売買ロジックを購入しました。

買い(ロング)ロジックと信用売り(ショート)ロジックを組み合わせてロングショートシステムトレードを実践していたのです。

システムから今日売買する銘柄がシグナルで出ます。

自分の裁量判断で買い銘柄と売り銘柄を選ぶ必要はないので、とても楽です。

私は、思考停止してそのシグナル通りに証券口座にログインして毎日売買すればよいのです。

考える必要がないシステムトレードは、自分に合っていると思いスタートしました。

しかしシステムトレードスタートから数か月後にそれは、訪れます。

ドローダウン(損失の連続)です。

システムトレードを実践する私は、思考停止して、何も考えずにシグナル通りに売買すればいいだけです。

しかし・・・

一昨日も負けて、昨日も負けて、今日も負けた。

そして明日も負けるのではないか?

そんな疑惑を抱えて、シグナルに従い投資します。

そして明日も負けます。

そんな日が1か月続きました。

・・・

心が折れて終了です。

シストレから出るシグナルに従ったり従わなかったり、今日は損になりそうと裁量判断を絡めたり、グチャグチャです。

シストレは、一旦休もうと自分に言い聞かせて終わりです。

結論を言います。

自分で売買発注をするシステムトレードは、9割以上の一般人は、ドローダウン中に心が折れてシグナル通りに売買をしません。

思考停止してシグナル通りに売買を続ける事は、感情がある人間には、とても難しい事なのです。

少なくとも私には、無理でした。

毎朝早起きしてジョギングすれば、健康に良い。

そんな目標を掲げて、挑戦して3日坊主で終わる。

システムトレードを人が継続できないのは、上記に似ています。

■今日は、雨が降っている

■昨日、寝るのが遅かった

■今日は、体調が悪い

そんな状況や休みたい誘惑に負けない精神力がないと手動発注のシステムトレードを継続する事は出来ません。

私含め多くの人は、無理です。

よって、システムトレードではなく勝手に売買を実行してくれる自動売買が重要になるのです。

2014年にシストレで失敗した私は、2018年から自動売買を学び始めました。

2020年、現在も自動売買を継続中ですが自動売買は、長く継続する事が出来ています。

今日、売買発注を行うかどうか?

自動売買は、その判断を必要としません。

私は、何もせずに勝手に売買が行われます。

私は、投資結果を見守るだけです。

そして調子が悪いロジックが無いか確認するだけです。

私の意志に関係なく勝手に売買されるので次のように言い換える事も出来ます。

「何もせずに寝ているだけで勝手にお金が増える」
(※何もせずに寝ているだけで勝手にお金が減る)

私は、手動発注のシステムトレードは、継続する事が出来ませんでした。

しかしシステムトレードのシグナルを自動発注する自動売買は、継続出来ています。

私のようにシステムトレードをシグナルで手動発注している方で継続できなかった方は、自動売買にすると継続出来るかもしれません。

投資戦略は、継続が大事です。

その仕組みの一つとして自動化を上手く活用する事は、おススメです。

自動売買を試してみたい方は、下記からお試しいただけます。

証券会社への接続APIなどもサポートしてくれるので安心です。

■KENSHIRO-225 5000円お試し体験(サヤトレ特典付き)
https://225trade-startup.com/scl/1sy

■個人投資家オンラインコミュニティー「CRANEs」への招待(無料)
http://sayatrade.co.jp/slack.html

■「CRANEs」メンバーの方はこちらから
https://sayatrade.slack.com/

■「CRANEs」の加入方法解説
http://sayatore.com/blog/2020/03/11/10867

ブログ一覧に戻る