なぜ順張りは勝てる戦略なのか? | 松下誠

おはようございます、松下です。


先日、一人の個人投資家から、
悩みの相談がありました。


「スイングトレードあるいは
ブレイクアウトで高値を買うときに、
どうしてもその後の下落が気になり、
買うことができません。

どんな風に考えて、臨めばいいのでしょうか?」


確かに、順張りの中でも、
スイングトレードやブレイクアウトは、
比較的上昇局面の後半を買うケースもあり、
この場合、過去の高値あるいは最高値で
買うこともあります。


この場合、高値を買っていくのが怖い、
下落も気になるものです。


しかしそもそも順張りとは、
上がる価格を高値で買う戦略です。


もともとの戦略が、
「高値を買う」ものであり、
これこそが勝てる理由=優位性でもあります。


自らの勝てる理由=優位性を
恐れていては勝てるものも勝てません。


これは本末転倒です。


順張りには、勝てる理由がありますので、
それをしっかりと理解するようにしましょう。


順張り(トレンドフォロー)が勝てる理由とは、
アップトレンドは上昇する時間が長く、

上昇する値幅が大きいという特徴を持つ

値動きだからです。


もっとカンタンに書くと、
アップトレンドは上昇に偏っています。


だから買い有利であり、
買いの方が勝てるのです。


これは勝率の面でも、
値幅の面でも、買いが有利である
ことを意味します。


だからアップトレンドで買います。
アップトレンドで買うのが、順張りです。


確かに上昇局面の最後では、
下落調整により損切りにかかったり、
ドローダウンにかかったりします。


しかしそれまでの上昇で、
何度も利益を上げ、大きく利益を伸ばします。


だから最後の損切りや、
ドローダウンはくれてやって構いません。


相場の格言にある、

「頭と尻尾はくれてやれ」

の尻尾こそが、高値における損切りや
ドローダウンなのです。


これを気にすることはありません。
むしろ正常な動きです。


順張りは、トレンドの胴体部分で、
何回も利食いし、大きく利益幅を
伸ばす戦略です。


だからいつも勝てます。


問題は、どのようにトレンドを定義し、
それを利用するかです。


ここに視点を集中し、
しっかりと順張りで利益を上げてください。


高値を買っていくスイングトレードも
ブレイクアウトも勝てる戦略ですので、
恐れずにトライ&エラーを繰り返し、
しっかり利益を上げてください。

ブログ一覧に戻る