【NY原油、当面は60ドルを軸にしたレンジでもち合いか】 | 陳晁熙

【NY原油、当面は60ドルを軸にしたレンジでもち合いか】
*石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国で構成する「OPECプラス」は4月1日、欧州を中心とした新型コロナウイルスの感染再拡大を踏まえ、5月から7月まで日量35万~40万バレルずつ減産を緩和していくことで一致した。

世界経済の回復を視野に入れた方針として前向きに受け止められたが、聖金曜日(GOOD FRIDAY)連休明けは、新型コロナウイルス対策で制限措置を余儀なくされている欧州での需要先行き懸念が強まった。

国際通貨基金(IMF)は6日、2021年の世界経済見通しを発表し、今年の世界全体の成長率の予測をプラス6.0%に上方修正した。

一方、欧州の一部や南米で新型コロナウイルスの感染者数が再拡大していることが警戒されている。

OPEC加盟国で協調減産を免除されているイランによる供給拡大への警戒感もあるが、米イラン間の対話の進展などによりイランの原油輸出が拡大したとしても、イランの原油輸出が完全復活するのは2022年夏以降になると予想されているため、現在の需給に影響はほとんどないだろう。

米エネルギー情報局(EIA)が発表した2日までの1週間の米原油在庫は前週比350万バレル減と、減少幅は市場予想(140万バレル減)の2倍以上となった。一方、ガソリン在庫は20万バレル減の予想に対し、400万バレル増の大幅な積み増し。ガソリンの供給過剰懸念が原油の需給引き締まり期待を相殺する格好となった。


原油相場は現在、強材料と弱材料が拮抗している。需要への決めてに欠けるため、もち合い相場が続きそうだ。当面のレンジを55~65ドルと想定する。

oil0408


情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

ブログ一覧に戻る