トルコリラ円、先週の動き・今週の予想 | 陳晁熙

【トルコリラ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のトルコリラ円は小動きだった。9月のトルコ鉱工業生産は、前年同月比3.4%増だった。市場予想は3.55%増だった。過去12カ月はマイナスが続き、7月は1.1%減、8月は3.6%減だった。前月比では3.2%増。7~9月期は前年同期比0.4%減だった。トルコは昨年の通貨危機を経て、景気回復の兆しを示している。経済成長率は1~3月期に前年同期比マイナス2.4%、4~6月期にマイナス1.5%だった。インフレが減速し、中央銀行が政策金利を7月から10%引き下げた状況を背景に、需要は上向き始めている。7─9月のトルコ失業率は14.0%と、6─8月の13.9%から悪化した。景気後退を背景に若者の失業率は27.4%と過去最悪となった。前年同期の失業率は11.1%、前年同期の若者の失業率は20.8%だった。

最新の鉱工業生産統計は景気の回復を示唆しているが、トルコでは昨年の通貨危機を受けて景気が悪化。第1四半期の失業率は過去10年近くで最悪の14.7%に達した。経済成長率は、第2四半期がマイナス1.5%、第1四半期がマイナス2.4%。その後はインフレ率の低下や中銀の大幅利下げを受けて、需要が回復傾向にある。前日発表の9月の鉱工業生産指数は前年比3.4%上昇と、13カ月ぶりに上昇に転じた。非農業部門の失業率は16.7%で、前月の16.5%から悪化。季節調整済みの失業率は14.2%で、過去最悪だった前月の14.3%から改善した。

*今週のトルコリラ円は、堅調に推移しそうだ。トルコ経済に回復の兆しが出ている。経済協力開発機構(OECD)がトルコ国内総生産(GDP)予測を引き上げた。2019年を-0.3%から0.3%へ、2020年を1.6%から3%とした。これより前に格付け会社フィッチやムーディーズもトルコの成長見通しを引き上げている。ムーディーズはトルコとのGDP見通しを、2019年0.2%、2020年3.0%、2021年3.0%とした。フィッチはトルコの格付け見通しを引き上げた。格付け「BB-」据え置き、見通し「ネガティブ」から「安定的」とし、格付けを据え置いたものの、見通しを引き上げた。週明け2日に発表されたトルコの第3四半期国内総生産(GDP)は前年比0.9%増と、市場予想(1.0%増)とほぼ一致した。前年の通貨リラ急落に伴う景気後退の影響を克服し、4期ぶりにプラス成長に転換した。前期比(季節・日数調整後ベース)では0.4%増と、3期連続のプラスとなった。 第3四半期は、農業の生産が3.8%増加したほか、工業部門が1.6%、サービス部門も0.6%それぞれ拡大しGDPを押し上げた。建設部門は7.8%のマイナスだった。景気回復とともにインフレも鈍化。中銀の利下げのおかげで、融資の伸びも加速している

。また第2四半期GDPは前年比1.6%減に改定された。トルコ中銀は経済の支援に向けて7月から積極的な金融緩和を継続、10月下旬も予想以上の大幅な利下げで政策金利を14%とした。その後、ウイサル総裁は、数カ月にわたる大幅な利下げで、利下げ余地は狭まったという認識を示している。トルコ政府は、今年の経済成長率予想を大幅に引き下げ0.5%とした。来年は5%を見込む。ルバイラク財務相はツイッターに投稿し、第4四半期の先行指標は経済成長の勢いが増し続けていることを示していると述べた。IHSマークイットとイスタンブール商工会議所が2日に発表した11月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.5となり、10月の49.0から若干上昇したものの、好不況の分かれ目となる50を下回った。また、同日発表の貿易統計によると、11月の輸出は前年比でほぼ横ばいだった一方、輸入は9.2%増加し、貿易赤字は21億5000万ドルと前年同月の3倍以上に膨らんだ。


【トルコ経済指標】
2日月曜日
16:00トルコ11月製造業PMI前回49.0
16:00トルコ第3四半期GDP前期比前回+1.2% 予想+1.1%  
16:00トルコ第3四半期GDP前年比前回-1.5%  予想+1.0%

3日火曜日
時間未定 NATO首脳会議(4日まで)
※米トルコ間でS400協議予定
16:00トルコ11月消費者物価指数前年比前回+8.55% 予想+11.00~11.5%
16:00トルコ11月生産者物価指数前年比前回+1.70%

6日金曜日
23:30トルコ財務省11月現金残高 前回TRY-11.89B  予想TRY1.9B

lira1203

*予想レンジ:18.50円~19.50円



情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。


ブログ一覧に戻る