7月10日の海外相場および市況 | 陳晁熙

7月11日(木)
【7月10日の海外相場および市況】
ny0710

*10日のNY外国為替市場では、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を受けて今月末の利下げ観測が強まる中、108円台半ばに下落した。108円42〜52銭。パウエルFRB議長はこの日、議会下院金融サービス委員会で証言した。「米中の貿易摩擦をめぐる不透明感と世界経済の減速懸念が引き続き景気見通しの重石になっている」と警戒感を表明。成長を維持するため7月末の政策会合で利下げを決める可能性を示唆した。市場の利下げ期待が再燃し、円買い・ドル売りが優勢となった。さらに、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(6月18、19日開催分)では、米中貿易摩擦などの不透明感に伴う景気リスクが継続すれば「近いうちの利下げが正当化される」として、早ければ7月末の会合での引き下げを先月の時点で視野に入れていたことが判明し、ドル円相場は108円35銭まで下落した。

*10日のNY金は、米早期利下げの可能性を示唆するパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)の議会証言を受けて買いが入り、続伸した。1412.50ドル(+12.00)。パウエルFRB議長は10日、議会下院金融サービス委員会で証言し、「貿易摩擦をめぐる不透明感と世界経済の減速懸念が引き続き景気見通しの重石になっている」と警戒感を表明した。成長を維持するため、早ければ7月末の政策会合で利下げを決める可能性を改めて示唆した。このため、金利を生まない資産である金は買いが入った。また、外国為替市場では、対ユーロでドル安が進行し、ドル建て金には割安感が強まった。

引け後には、年内の利下げを視野に入れる方針に転換した6月18、19両日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公表された。早ければ7月末の次回会合での引き下げを想定したことが明らかになった。これを受け、電子取引も大きく続伸し、1426ドル(+13.45)あたりで推移している。

NY白金はドル安を受けて反発。830.00ドル(+14.90)。

パラジウムは4営業日ぶりに反発。1588.10ドル(+48.20)。

*10日のNY原油は、原油在庫が大幅な取り崩しとなったことやメキシコ湾での原油生産停止を受けて、5営業日続伸した。60.43ドル(+2.60)。5月22日以来約1カ月半ぶりの高値を付けた。米石油協会(API)が前日引け後に発表した統計によると、最新週の原油在庫は前週比810万バレル減と、市場予想の310万バレル減を大幅に上回る取り崩し幅だった。この日発表された米エネルギー情報局(EIA)による週間在庫統計では、原油在庫が950万バレル減となったことから米国内の供給過剰懸念がさらに後退した。また、メキシコ湾で暴風雨が発生する見通しも、原油相場を支援した。週末までにハリケーンに発達する恐れがあることから、石油大手は沖合での生産を停止し、作業員を避難させた。イラン核開発をめぐる緊張や、最近の石油タンカー拿捕も支援材料。ドルが対ユーロで下落し、ドル建て原油に割安感が生じたことも相場を押し上げた。
北海ブレント原油は、67.01ドル(+2.85)。

*10日のシカゴトウモロコシは反発。435.00セント(+2.50)。市場調査によると、11日の米農務省の需給報告では2019年〜20年度の単収予想が下方修正され、期末在庫予想が上方修正される見込み。米エネルギー情報局によると、トウモロコシ原料の週間のエタノール生産は日量105万バレルに減少し、在庫は2301万バレルに増加した。

シカゴ大豆は続伸。894.50セント(+8.50)。市場調査では、2019年〜20年度の米国産大豆の単収、生産高、期末在庫予想がいずれも下方修正される見込み。

*10日のNYダウは、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を受け、今月末の利下げ期待が高まり、4営業日ぶりに反発した。2万6860.20ドル(+76.71)。パウエルFRB議長は下院金融サービス委員会での議会証言で、貿易摩擦や物価低迷に懸念を示し、「やや緩和的な政策が必要な条件が整ってきた」と表明。早ければ7月末の金融政策会合で利下げに踏み切る可能性を示した。証言は7月利下げを確実視する市場の見方を追認するものと好感され、ダウは一時200ドル近く上昇し、ザラ場で史上最高値を一時更新した。また、連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨(6月18、19両日開催分)が公表され、多くの参加者が「景気の重しが継続すれば近いうちの利下げが正当化される」として、早ければ7月利下げを想定していることが明らかになった。パウエル議長の議会証言は11日も上院銀行委員会で開催。市場の関心は来週から本格化する米主要企業の4〜6月期決算に向かう。


【11日の経済指標】
未定   (米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長発言 
13:30   (日) 5月 第三次産業活動指数 [前月比]  0.8%   
15:00   (独) 6月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前月比]  0.3%   
15:00   (独) 6月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前年同月比]  1.6%   
16:00   (トルコ) 5月 経常収支  -13.3億ドル 
21:30   (米) 6月 消費者物価指数(CPI) [前月比]  0.1%  0.0% 
21:30   (米) 6月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]  1.8%   
21:30   (米) 6月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比]  0.1%  0.2% 
21:30   (米) 6月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比]  2.0%   
21:30   (米) 前週分 新規失業保険申請件数  22.1万件   
21:30   (米) 前週分 失業保険継続受給者数  168.6万人   
27:00   (米) 6月 月次財政収支  -2078億ドル

第217回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/


*TOCOM TV 出演
https://youtu.be/LckFpKGtS74

https://tocomsquaretv.com/20190325/


ブログ一覧に戻る