4月15日の海外相場および市況 | 陳晁熙

4月16日(火)
【4月15日の海外相場および市況】
ny0415

*週明け15日のNY外国為替市場では、米中貿易協議の行方に注目が集まる中、112円近辺で小動きに推移した。111円99銭〜112円09銭。ムニューシン財務長官は15日、中国との貿易協議は「大きく前進した」と発言。ただ、合意事項を履行するための仕組みなども含めて「まだ多くの課題が残っている」と言及したことから、協議の行方を見極めようと様子見姿勢が強まり、112円を挟んだ小幅レンジ内での取引となった。4月のNY州製造業景況指数は10.1と3月の3.7から改善し、市場予想の6.7も上回ったが、ドル円相場の反応は限定的だった。

*週明け15日のNY金は、米中貿易協議の進展を背景に反落した。1291.30ドル(-3.90)。ムニューシン財務長官は15日、中国との貿易協議は「大きく前進した」と表明。これを受けて、米中貿易協議が妥結に向けて前進しているとの見方が広がったため、安全資産である金には売りが強まった。また、金相場は先週、心理的な節目である1300ドルの水準を下回っていたため、テクニカル要因からも売りが優勢となった。ただ、外国為替市場ではドルが対ユーロで弱含みに推移し、ドル建て金は割安感から買い支えも入り、下げ幅は限定的だった。

NY白金は金に連れて反落。894.50ドル(-4.00)。
パラジウムも反落。1334.70ドル(-15.50)。

*週明け15日のNY原油は、石油輸出国機構(OPEC)による増産観測が圧迫材料となり、反落した。63.40ドル(-0.49)。ロシアのシルアノフ財務相は13日、米国とのシェア競争でロシアとOPECが増産を決定する可能性があるとの見解を表明。仮に増産すれば、相場は最長1年間40ドルないしそれを下回る水準まで下落するかもしれないとの見方を示した。OPEC加盟国とロシアなどの非加盟国は6月の25〜26日に会合を開き、協調減産を延長するかどうか決定する予定だが、ここにきて増産に方針転換する可能性も取り沙汰され、市場では需給緩和懸念が強まった。OPEC関係筋も先週、米国の経済制裁を受けているベネズエラとイランの原油供給が一段と減少し、価格の上昇が続くようであれば、7月から増産に踏み切る可能性があると言及。OPEC側のこうした発言も引き続き相場を下押しした。ただ、米国が制裁を強化する兆しの中でイランとベネズエラの産油量が減少している状況や、リビアの原油生産が内戦再発で停止する可能性があることから、下げは抑制された。

*週明け15日のシカゴトウモロコシは続伸。362.75セント(+1.75)。米気象予報会社によると、デルタ地方とプレーンズ東部、中西部では今週、一層の降雨が予想されている。ただ、生産者はなおも作付けを迅速に行うための大型農機を使うことができるため、作付け遅れ懸念に基づく相場押し上げは限定的という。

シカゴ大豆は上伸。898.75セント(+3.50)。ムニューシン財務長官は、米中協議には多くの進展があるが、するべきことは多いと語った。

*週明け15日のNYダウは、米金融大手ゴールドマン・サックスの決算が冴えない内容だったことを受け、反落した。2万6384.77ドル(-27.53)。ゴールドマンが発表した2019年1〜3月期決算は、純利益が前年同期比2割減と不振。総収入も12%減と市場予想を下回った。1〜3月期は金融市場の変動率が低く、投資家の債券・株式取引が低調でトレーディング部門の収益が落ち込んだことが響いた。シティグループも総収入が市場予想を下回った。調査会社リフィニティブによると、米主要企業500社の純利益は前年同期比2.1%減と11四半期ぶりのマイナスとなる見通し。今週発表予定の企業では16日のネットフリックスやIBM、ユナイテッドヘルス・グループ、18日のハネウェル・インターナショナルなどの決算が注目されている。


【16日の経済指標】
10:30   (豪) 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
13:30   (日) 2月 第三次産業活動指数 [前月比]  0.4%  
16:00   (トルコ) 2月 鉱工業生産 [前月比]  1.0%   
17:30   (英) 3月 失業保険申請件数  2.70万件   
17:30   (英) 3月 失業率  2.9%   
17:30   (英) 2月 失業率(ILO方式)  3.9%
18:00   (欧) 2月 建設支出 [前年同月比]  -0.7%   
18:00   (独) 4月 ZEW景況感調査(期待指数)  -3.6   
18:00   (欧) 4月 ZEW景況感調査  -2.5 
22:15   (米) 3月 鉱工業生産 [前月比]  0.0%  0.3% 
22:15   (米) 3月 設備稼働率  79.1%  79.2% 
23:00   (米) 4月 NAHB住宅市場指数  62  63 


第207回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


*TOCOM TV 出演
https://youtu.be/LckFpKGtS74

https://tocomsquaretv.com/20190325/


ブログ一覧に戻る