3月14日の海外相場および市況 | 陳晁熙

3月15日(金)
【3月14日の海外相場および市況】
ny0314

*14日のNY外国為替市場では、英国による欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」が回避される中、安全資産としての円売りが優勢となり、111円台後半に上昇した。111円65〜75銭。EU離脱をめぐる英議会の動きを手掛かりに、安全資産である円を売ってドルを買う動きが拡大。英議会下院は前日、EUから何の取り決めもなく離脱する「合意なき離脱」を拒否する決議案を可決し、市場では、経済・社会的な混乱がひとまず回避されるとの安心感が広がっていた。NYダウがプラス圏に浮上すると、さらにドル買いが強まり、一時111円80銭台まで上昇した。

*14日のNY金は、英国による欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」がひとまず回避されたことを受け、3日ぶりに反落した。1295.10ドル(-14.20)。英議会下院は、欧州連合(EU)から何の取り決めもなく離脱する「合意なき離脱」を拒否する決議案を可決。これを受け、経済や社会に大きな混乱が生じるとの懸念が後退した。欧米株価が上昇し、金は一時1292.50ドルまで下落した。ただ、英議会はこの日、さらに離脱期限延期の可否を問う採決を予定しているほか、メイ首相が2度否決された離脱案の議会承認を改めて目指す方針を明らかにしたことなどから、再び様子見姿勢が広がった。また、貿易摩擦解消に向けた米中首脳会談が早くても4月になる公算が大きいとの報道も、交渉長期化に対する警戒感を強め、金相場を下支えした。

NY白金はドル高を受けて3日ぶりに反落。827.10ドル(-14.60)。
パラジウムは4日続伸。1514.60ドル(+7.90)。

*14日のNY原油は、世界的な需給引き締まりへの期待から小幅続伸した。58.61ドル(+0.35)。石油輸出国機構(OPEC)がこの日発表した月報では、加盟国の2月の産油量が前月比0.7%減の日量3054万9000バレルとなった。産油量は減産開始前の昨年12月時点に比べて日量104万バレル削減しており、目標の80万バレルを大きく上回った。年初から実施しているOPEC主導の協調減産で、需給改善が続いていることが示された。一方、相場が4カ月ぶりの高値圏で推移する中で高値警戒感から上値は重かった。貿易摩擦解消に向けた米中首脳会談の実施が早くても4月になるとの報道のほか、中国の1〜2月の鉱工業生産の伸びが10年ぶりの低水準にとどまったことも世界経済の先行き懸念を強め、相場の重石となった。OPECは世界全体の2019年の需要の見通しを下方修正した。世界経済の減速を踏まえ、1億バレルから9996万バレルに引き下げた。

*14日のシカゴトウモロコシは3日続伸。370.25セント(+3.75)。米国での作付け遅れに対する懸念が、作付面積を減らす可能性が浮上した。

シカゴ大豆は反落。898.50セント(-2.50)。1週間ぶり高値を付けた後、米中の貿易協議をめぐる不透明感から下げに転じた。

*14日のNYダウは、米中貿易協議の進展への期待と不安が交錯する中、小幅続伸した。2万5709.94ドル(+7.05)。貿易問題の決着を目指す米中首脳会談の開催時期は早くても4月になるとの一部報道が市場を不安にさせた。米中政府は当初、3月中の首脳会談の開催を目指していた。中国による知的財産権侵害などの構造問題で依然、隔たりが残っているものとみられ、早期決着への期待感が後退する中、ダウは売り優勢となった。しかし、その後、トランプ大統領が米中協議について「順調に進んでいる」と記者団に説明すると、プラス圏に浮上。ただ、大統領は「最終的に取引を行うかについて明言したくない。米国にとって望ましい取引でなければ、行わない」とも語ったため、上値は重かった。


【15日の経済指標】
未定   (日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表  -0.10%   
15:30   (日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
16:00   (トルコ) 12月 失業率  12.3%   
19:00   (欧) 2月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]  1.5%  ― 
19:00   (欧) 2月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]  1.0%
21:30   (米) 3月 ニューヨーク連銀製造業景気指数  8.8  10.0 
22:15   (米) 2月 鉱工業生産 [前月比]  -0.6%  0.8% 
22:15   (米) 2月 設備稼働率  78.2%  78.8% 
23:00   (米) 3月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値  93.8  95.0 
29:00   (米) 1月 対米証券投資  -331億ドル   
29:00   (米) 1月 対米証券投資(短期債除く)  -483億ドル  


第204回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


ブログ一覧に戻る