12月5日の海外相場および市況 | 陳晁熙

12月6日(木)
【12月5日の海外相場および市況】
ny1205

*5日のNY外国為替市場は、米中貿易摩擦に対する過度の懸念が後退する中で円売り・ドル買いが優勢となり、ドル円は113円台前半に上昇した。113円14〜24銭。トランプ米大統領は5日朝、先の米中首脳会談で開始を決めた貿易協議に関連し、「中国は米国産の大豆と液化天然ガス(LNG)の輸入を再開する準備を始めた」とツイッターに投稿した。これを受けて、前日に再燃した米中通商協議の行方に対する過度の懸念が後退し、安全通貨である円を売ってドルを買う動きが強まった。ただ、この日はブッシュ(父)元大統領の「国民追悼の日」に伴い、株式や債券市場が休場のため、狭いレンジで小動きとなった。

*5日のNY金は、前日の続伸を受けた利益確定の売りが優勢となり、反落した。1242.60ドル(-4.00)。前日の金塊相場は、米中貿易摩擦に対する警戒感が再燃する中で買い進まれ、約4カ月半ぶりの高値を更新した。この日はその反動から利益確定の売りが優勢となった。また、12月18、19両日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが決定されるとの観測が広がっていることも、金利を生まない資産である金には売り圧力となった。この日は、故ブッシュ(父)元大統領の「国民追悼の日」で株式・債券市場が休場となったため、相場の値動きも限定的だった。

NY連銀のウィリアムズ総裁の発言を受けて、一段の利上げ観測が高まったことも金売り要因となった。ウィリアムズ総裁は、金融市場の潜在的なリスクに注意を払うとしながらも、「来年かそこらを通じて」利上げ継続を予想すべきだとの認識を示した。

*NY白金は続落。802.00ドル(-2.20)。

*5日のNY原油は、翌6日の石油輸出国機構(OPEC)総会で協調減産が決定されるとの見通しや対ユーロでのドル安進行などを背景に買いが先行したものの、利益確定売りが出て3営業日ぶりに反落した。52.89ドル(-0.36)。OPEC加盟国とロシアなど非加盟の産油国はこの日、翌6日の定例総会に先立ち、ウィーンで閣僚級会合を開催。有力産油国が協調減産に乗り出すことで一致したと伝えられた。しかし、減産幅など最終的な合意内容については依然不透明であることから、買いも限定的となった。トランプ米大統領は減産しないよう圧力をかけている。11月のサウジの産油量は日量1130万バレルと、前月の1065万バレルから増加した。

この日予定されていた米エネルギー情報局(EIA)による週間在庫統計の発表は、ブッシュ(父)元大統領の「国民追悼の日」に伴い、翌日に延期。ロイター通信の調査(4日公表)によると、11月30日までの1週間の米原油在庫は前週比90万バレル減となる見通しで、やや支援要因となった。

引け後に発表された米石油協会(API)による米週間石油在庫統計では、原油在庫の増加が判明した。電子取引はー0.29ドルの52.59ドルで推移している。

*5日のシカゴトウモロコシは小反落。384.25セント(-0.50)。中国が先週末に米国と貿易戦争の「一時休戦」で合意したことが好感された。

シカゴ大豆は4日続伸。913.50セント(+1.75)。米国と中国が先週末に貿易戦争の「一時休戦」で合意したことを受けて、中国向けの大豆輸出が再開するとの期待感が支援材料になった。

*5日のNY株式市場は休場。


【6日の経済指標】
08:50   (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)  -7364億円   
08:50   (日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)  -1950億円   
09:30   (豪) 10月 貿易収支  30.17億豪ドル   
09:30   (豪) 10月 小売売上高 [前月比]  0.2%   
16:00   (独) 10月 製造業新規受注 [前月比]  0.3%   
16:00   (独) 10月 製造業新規受注 [前年同月比]  -2.2%   
21:30   (米) 11月 チャレンジャー人員削減数 [前年比]  153.6%   
22:30   (米) 10月 貿易収支  -540億ドル  -540億ドル 
22:30   (米) 前週分 新規失業保険申請件数
22:30   (米) 前週分 失業保険継続受給者数  
24:00   (加) 11月 Ivey購買部協会指数  61.8   
24:00   (米) 10月 製造業新規受注 [前月比]  0.7%  -2.0% 

第191回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


ブログ一覧に戻る