2月14日の海外相場および市況 | 陳晁熙

2月15日(木)
【2月14日の海外相場および市況】
ny0215

*14日のNY外国為替市場のドル円相場は、107円近辺に下落した。1月米消費者物価指数(CPI)は季節調整後で前月比+0.5%と、市場予想の+0.3%を上回った。また、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数も+0.3%と、予想の+0.2%を上回り、インフレ懸念が強まった。一方、1月米小売売上高は季節調整後で前月比-0.3%と、予想の+0.2%に反して減少。CPIが強い一方、小売売上高が悪かったためインフレ懸念が強まり、米長期金利が急反発し、2.9%台に達した。米景気の先行きに不透明感が広がり、リスク回避の円買いが強まって一時106円73銭まで下落した。15日のドル円は一時106円40銭台まで下落した後、日経平均株価の反発を受けて106円台70銭台に戻している。ただ、株価の上昇を受けて恐怖指数VIXは19ポイント台に下落し、落ち着いてきた。
本日は、欧米時間に12月ユーロ圏対外貿易収支、1月米卸売物価、米週間失業保険申請件数、2月NY州製造業景況指数、2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数、1月米鉱工業生産・設備稼働率などが発表される。

*14日のNY金は3日続伸。1月米消費者物価指数(CPI)は季節調整後で前月比+0.5%と、市場予想の+0.3%を上回った。また、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数も+0.3%と、予想の+0.2%を上回り、インフレ懸念が強まった。米長期金利が急反発し、2.9%台に達した。市場では連邦準備制度理事会(FRB)がインフレを抑制するため、利上げペースを速めるかもしれないとの思惑が広がり、当初はドルが主要通貨に対して急上昇したため、金は一時1319.10ドルまで下落した。 しかし、1月米小売売上高は季節調整後で前月比-0.3%と、予想の+0.2%に反して減少。CPIが強い一方、小売売上高が悪かったため、ドルが反落に転じ、ユーロが急伸すると、金は割安感から大きく買われる展開となった。NY白金はドル安を受けて3日続伸。

*14日のNY原油は反発。終値は4日ぶりに60ドル台を回復した。米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表した週間在庫統計によると、9日までの1週間の米原油在庫は前週比180万バレル増と3週連続で積み増しとなったものの、増加幅は市場予想の280万バレル増を下回った。需給不均衡に対する懸念が後退し、買いが入った。また、受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫が前週比360万バレル超の取り崩しになったとの報も支援材料となった。このほか、為替市場でドル安・ユーロ高が進行したことも支援要因。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、減産合意の早期解消より需給引き締まりを望むと発言したことも好感された。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国は2017年1月から協調減産に取り組んでおり、減産合意は今年末が期限とされている。米国の産油量が予想を上回る伸びを見せていることから、OPECとロシアは減産合意解消を検討しているとの見方が出ていたが、今回の発言は、これを打ち消した格好になった。

*14日のシカゴトウモロコシは小動き。シカゴ大豆は続伸。アルゼンチンの干ばつで大豆生産が減少するとの懸念が支援材料。

*14日のNYダウは4日続伸。強いインフレ指標を嫌気した売りが先行したものの、押し目買いが入った。1月米消費者物価指数(CPI)は季節調整後で前月比+0.5%と、市場予想の+0.3%を上回った。また、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数も+0.3%と、予想の+0.2%を上回り、インフレ懸念が強まった。一方、1月米小売売上高は季節調整後で前月比-0.3%と、予想の+0.2%に反して減少。CPIが強い一方、小売売上高が悪かったためインフレ懸念が強まり、米長期金利が急反発し、2.9%台に達した。これを嫌気してNYダウは一時150ドル安となったが、売り一巡後は金融株やハイテク株への押し目買いに牽引され反発に転じた。投資家の不安心理指標である恐怖心指数(VIX)が大幅に低下し、市場では安心感が広がったようだ。


【本日の主な経済指標およびイベント】
*上海休場(旧正月)
08:50 (日) 12月機械受注 (前月比) +5.7% -- --
   (日) 12月機械受注 (前年比) +4.1% -- --
09:30 (豪) 1月就業者数 +3.47万人 -- --
09:30 (豪) 1月失業率 5.5% -- --
13:30 (日) 12月鉱工業生産・確報 (前月比) +2.7% -- --
16:00 (トルコ) 11月失業率 10.3% -- --
19:00 (EU) 12月貿易収支(季調前) +263億EUR -- --
22:30 (米) 2月NY連銀製造業景況指数 17.70 17.70 --
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 22.1万件 -- --
22:30 (米) 1月生産者物価指数 (前月比) -0.1% +0.3% --
   (米) 1月生産者物価指数 (コア:前月比) -0.1% +0.2% --
   (米) 1月生産者物価指数 (前年比) +2.6% -- --
   (米) 1月生産者物価指数 (コア:前年比) +2.3% -- --
22:30 (米) 2月フィラデルフィア連銀製造業指数 22.2 22.0 --
23:15 (米) 1月鉱工業生産 (前月比) +0.9% +0.3% --
23:15 (米) 1月設備稼働率 77.9% 78.1% --
24:00 (米) 2月NAHB住宅市場指数 72 73 --
30:00 (米) 12月対米証券投資 +575億USD -- --
30:30 (NZ) 1月企業景況感(PMI) 51.2 -- --


第152回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

ブログ一覧に戻る