4月28日 海外相場および市況 | 陳晁熙

4月28日(木)
【4月27日の海外相場および市況】
ny0427

*27日のNY金は3日続伸。為替市場でのドル安・ユーロ高を受けて買いが優勢となった。引け後に終了した米連邦公開市場委員会(FOMC)では、予想通り利上げが見送られた。しかし、FOMC後にドルが反発したため、NY金時間外は反落し1246ドル前後で推移している。NY白金も金に連れて3日続伸。

*27日のNY原油は、米エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計を受けて一時下落したが、為替市場でドルが対ユーロで下落すると反発に転じ続伸となった。この日終了した米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げが見送られたものの、その後、ドルが反発したためNY原油時間外は反落し、45.20ドルレベルで推移している。

*27日のシカゴトウモロコシはブラジルの天候改善を受けて反落。シカゴ大豆は輸出需要増が好感されて小幅続伸。

*27日のNY外国為替市場のドル円相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表後一時上下に大きく変動したものの、その後は落ち着き、111円台半ばとなった。米連邦準備制度理事会(FRB)はFOMC声明で、追加利上げの見送り決定を発表した。声明では、経済活動に関して、減速したようだと景気認識を下方修正する一方、世界経済や国際金融情勢のリスクに関する文言は削除した。内容は中立的だったが、本日の日銀金融政策決定会合を控えて若干ドル買いが優勢となった。

*27日のNYダウは続伸。米連邦公開市場委員会(FOMC)では、予想通り利上げが見送られ、声明では、米国景気に関して、減速したようだと下方修正した。「タカ派的」声明を警戒していた市場に安心感が広がり、株価を押し上げた。


【本日の主な経済指標およびイベント】
未定 (日) 日銀金融政策決定会合
08:30 (日) 3月全国消費者物価指数 (前年比) +0.3% 0.0% -0.1%
   (日) 3月全国消費者物価指数 (生鮮食品除く:前年比) 0.0% -0.2% -0.3%
08:30 (日) 3月失業率 3.3% 3.3% 3.2%
08:30 (日) 3月有効求人倍率 1.28 1.28 1.30
08:30 (日) 4月東京都区部消費者物価指数 (生鮮食品除く:前年比) -0.3% -0.3% -0.3%
08:50 (日) 3月鉱工業生産・速報 (前月比) -5.2% +2.8% +3.6%
10:30 (豪) 1-3月期輸入物価指数 (前期比) -0.3% -0.9%
16:55 (独) 4月失業者数 0.0万人 0.0万人
16:55 (独) 4月失業率 6.2% 6.2%
18:00 (EU) 4月経済信頼感 103.0 103.4
18:00 (EU) 4月消費者信頼感・確報 -9.3 -9.3
18:30 (南ア) 3月生産者物価指数 (前年比) +8.1% +7.4% 
21:00 (独) 4月消費者物価指数・速報 (前年比) +0.3% +0.1%
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 24.7万件 25.9万件
21:30 (米) 1-3月期GDP・速報 (前期比年率) +1.4% +0.6%
21:30 (米) 1-3月期個人消費・速報 (前期比年率) +2.4% +1.7%
21:30 (米) 1-3月期GDPデフレーター・速報 (前期比年率) +0.9% +0.6%
21:30 (米) 1-3月期コアPCEデフレーター・速報 (前期比年率) +1.3% +1.9% 
*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

第63回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

ブログ一覧に戻る