4月26日 海外相場および市況 | 陳晁熙

4月26日(火)
【4月25日の海外相場および市況】
ny0425

*週明け25日のNY金は、3日ぶりに反発した。為替市場では、ドル安・ユーロ高が進行し、原油相場の下落を受けてNYダウも下げ幅を拡大したため、リスク回避姿勢が強まり、金が買われた。26、27日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では、利上げが見送られる公算が高いが、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言や声明で、6月の会合に向けて利上げが示唆されるかどうか注目される。NY白金もドル安を受けて反発。

*週明け25日のNY原油は反落。エネルギー情報会社ジェンスケープが発表した報告で、NY原油の受け渡し拠点である米オクラホマ州クッシングの22日までの1週間の在庫が前週から約154万バレル増加したことが明らかになると、売りが再び優勢となった。

*週明け25日のシカゴトウモロコシは、米中西部での降雨が懸念されて反発。米中西部の降雨により、トウモロコシの播種が遅れる可能性が指摘された。シカゴ大豆は、トウモロコシ高に連れて反発。

*週明け25日のNY外国為替市場では、先週末に急速に進んだ円安の反動から利益確定売りが優勢となった。この日は原油相場の下落を背景に欧米株価が全面安となり、投資家のリスク回避姿勢も強まったため、安全通貨の円が買われた面もあった。ただ、26、27日に米連邦公開市場委員会(FOMC)や27、28日に日銀金融政策決定会合がそれぞれ開催されるため、値動きは限定的だった。

*週明け25日のNYダウは原油相場の下落を受けて反落。26、27日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されるため、様子見姿勢も強かった。今会合では追加利上げは見送られる公算だが、次回6月会合での利上げに向けて、示唆があるかどうかに注目が集まっている。


【本日の主な経済指標およびイベント】
21:30 (米) 3月耐久財受注 (前月比) -3.0% +1.9%
      (米) 3月耐久財受注 (前月比:除輸送用機器) -1.3% +0.5%
22:00 (米) 2月S&P/ケースシラー住宅価格指数 (前年比) +5.75% +5.50%
23:00 (米) 4月リッチモンド連銀製造業指数 22 12
23:00 (米) 4月消費者信頼感指数 96.2 95.8 
*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

第63回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


ブログ一覧に戻る