4月21日 海外相場および市況 | 陳晁熙

4月21日(木)
【4月20日の海外相場および市況】
ny0420

*20日のNY金は小高い。21日の欧州中央銀行(ECB)理事会や来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見が強まり、小動きとなった。海外貴金属市場では、1オンスの金を買うのに必要な銀の量を示す「金銀レシオ」が73.1とほぼ半年ぶりの低水準となり、銀の割安感が強まっている。NY白金は原油高と株高を受けて大幅上昇し、1000ドルの大台を固める動きとなった。

*20日のNY原油は大幅続伸し、42ドル台後半と5カ月ぶりの高値となった。当初は、米石油協会(API)週報が予想以上の原油在庫の積み増しを示したほか、クウェートの石油・ガス業界労働者によるストが終結したとの報道に下落していたが、その後は、米エネルギー情報局(EIA)在庫週報の発表を受けて上昇に転じた。EIAによると、15日までの1週間に原油在庫は210万バレル増加したが、市場予想の240万バレル増を下回った。さらに、ヒーティングオイルを含むディスティレート(留出油)在庫が小幅増の予想に反して360万バレル減と大幅に減少していた。これを受けてヒーティングオイル相場が急伸し、原油相場も連れ高となった。

*20日のシカゴトウモロコシはファンドの買いに7日続伸し、6カ月半ぶりの高値を付けた。最近のドル安を受けて米国産トウモロコシの引き合いが増えているという。シカゴ大豆は、アルゼンチンの大雨懸念を受けて続伸。アルゼンチンでは、大雨で大豆の収穫作業が停滞し、作物に被害が出ているという。

*20日のNY外国為替市場では、原油相場の上昇を受けてリスクオンモードとなり、安全通貨の円は売られ、ドル円相場は109円台後半に上昇した。原油相場の上昇を受けてNYダウも続伸したため、ドル円は一時109円88銭まで上昇した。3月の米中古住宅販売件数(年換算)は前月比5.1%増の533万戸と、市場予想の3.5%増の530万戸を上回った。

*20日のNYダウは原油高が好感されて3日続伸。今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げが見送られる公算が大きく、懸念要因だった原油安が改善されているため市場に安心感が出ているようだ。


【本日の主な経済指標およびイベント】
17:30 (英) 3月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比) -0.4% -0.1%
17:30 (英) 3月財政収支 -65億GBP -54億GBP
18:00 (EU) 2015年政府債務 (対GDP比) +92.1%
20:45 (EU) 欧州中銀金融政策発表 0.00%
21:30 (米) 4月フィラデルフィア連銀製造業指数 12.4 9.0
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 25.3万件 26.5万件
22:00 (米) 2月住宅価格指数 (前月比) +0.5% +0.4%
23:00 (ユーロ圏) 4月消費者信頼感・速報 -9.7 -9.3
*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

第62回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

ブログ一覧に戻る