4月13日(水) 国内市況と終値 | 陳晁熙

【4月13日(水) 国内市況と終値】
tk0413

*13日の金は小幅まちまち。朝方は12日のNY金の上昇を受けて買いが優勢だったが、午後になって為替がドル高に振れると、NY金時間外が反落し、反落に転じた。白金は原油高と株高を受けて4日続伸。

*13日の中東産原油は3日続伸。12日の米欧原油相場が主要産油国による増産凍結合意を見込んだ強気買いに急伸したほか、為替の円安・ドル高を受けて買いが優勢となった。石油製品も原油に追随して上伸。

*13日のゴムは原油高を受けて大幅続伸し、全限月が一代高値を更新した。

*13日のトウモロコシは円安を受けて3日続伸。一般大豆も堅調。

*13日の東京外国為替市場のドル円相場は、株価の大幅高を眺めて109円台に接近する上昇となった。

*13日の日経平均株価は大幅続伸。原油相場やNYダウの上昇を受けて市場心理が好転したようだ。国際通貨基金(IMF)は2017年の日本の成長率見通しを-0.1%に下方修正した。


第61回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


ブログ一覧に戻る