3月31日(木) 国内市況と終値 | 陳晁熙

【3月31日(木) 国内市況と終値】
tk0331

*31日の金は反落。明日1日に発表される3月の米雇用統計を控えて売りが優勢となった。白金は小幅続伸。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が29日の講演で利上げを慎重に進める姿勢を示したのを受け、NY金はいったん1250ドルを目指して上昇したが、買い一巡後は上げ幅を縮めた。米国の早期利上げ観測は後退したため株式相場が上昇し、金には売りが優勢となったようだ。

*31日の中東産原油は3日続落。NY原油時間外が反落に転じたため売りが優勢となった。石油製品も原油の下落になびいて下落。NY原油は節目の40ドルをブレイクできずに反落したため、テクニカル的にも強気になれなかったようだ。米エネルギー情報局(EIA)が30日に発表した週間在庫統計は、原油在庫は前週比230万バレル増と、市場予想の330万バレル増を下回った。しかし、原油在庫の積み上がりは続いており、7週連続で過去最高を記録した。一方、原油生産の減少幅は前週比で1万6000バレルと小さく、需給環境の弱さが上値を圧迫しているようだ。

*31日のゴムは月末と年度末が重なったため、利益確定売りが優勢となって反落。

*31日のトウモロコシは為替の円高基調を受けて続落。一般大豆も安い。今夜は、米農務省が作付け意向面積と四半期在庫を発表するため、玉整理が主体となった。

*31日の東京外国為替市場のドル円相場は、日経平均株価の軟調な地合いを反映して112円台前半で保ち合いとなった。明日発表される3月の米雇用統計を控えて動きにくくなっている。

*31日の日経平均株価は3日続落。明日4月1日は日銀の全国企業短期経済観測調査(日銀短観)、3月の米雇用統計が発表されるため、利益確定売りが優勢となった。為替がやや円高基調で推移したことも嫌気された。

第59回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


ブログ一覧に戻る