陳晁熙 ちんちょうき

サンワード貿易 チーフアナリスト 東京都出身。東京理科大学理学部応用数学科卒。 予備校講師(数学科)を経て商品先物業界に入る。 商品先物市場と外国為替市場において調査、企画、運用等を担当し現職に至る。 テクニカル分析を主体に、背後にあるファンダメンタルズを併せて分析し、新聞、メディア等に寄稿。 著書に「個人投資家のための穀物取引入門」「個人投資家のための貴金属取引入門」(いずれも共著)。 国際テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

植村 和久 うえむら かずひさ

長年のCXディーラー業務から市況調査室を経て、現在はサンワード貿易株式会社コンシェルジュデスク所属。ファンダメンタル分析に強みを発揮し、2012年は、WITV66ライブにて「週間コモディティ・レポート」を担当。 貴金属、穀物、石油、ゴムと、あらゆるコモディティの日々の動きに注目している。名古屋市出身、もちろん根っからのドラゴンズファン。

大橋 ひろこ おおはし ひろこ

フリーアナウンサー/ナレーター。
「フォレックスラジオ」「ラジオNIKKEI」「YMTV」などに出演、FX・コモディティ関連の番組を担当する。FXトレードの記録はブログ「ひろこのボラタイルな日々」で日々公開中。趣味はアンチエイジング・なにかと打ち上げグルメ三昧。福島県出身。獅子座のB型。

工藤 哲哉 くどう てつや

丸万証券入社(現東海東京証券)、株式部先物オプション課配属。オプションを中心にディーラーとして運用の世界に入る。大東証券(現みずほ証券)に移籍。現物株及び派生商品でのディーリングを行う。並行して業界活性化、交流の拡大を目的としたNPO法人金融証券マーケットフォーラムを業界の有志とともに立ち上げる。アイザワ証券に移籍。先物を中心にディーリングを行いながら人材育成に取り組む。シンガポールに渡りヘッジファンド立ち上げなどに取り組んだ後、山和証券にてディーリング部長としてマネジメントを行う。

林 知之 はやし ともゆき

東京都杉並区生まれ。商品のサヤ取りを始め、相場の世界に入る。 FAIクラブ誕生とともに株式に移行。これまで株式投資の実践で成果をあげながら、独自の投資哲学を築き上げてきた。 現在は、投資顧問会社「林投資研究所」を経営。実践的な相場セミナー、相場技術論習得プログラム「PRM」を行うほか、FAI投資法を中心に個人投資家に売買のアドバイスを行っている。メールマガジン「1分間の相場実践知識」を不定期に配信中。

横尾 寧子 よこお やすこ

FXアドバイザー/テクニカルアナリスト。
メディック投資顧問株式会社取締役も務める。おもな著書に『FXファンダメンタルズの読み方・使い方』『FXチャートの読み方・使い方』(成美堂出版)がある。AUDと犬好き☆CADにはいつも片思い。

坂本慎太郎 さかもとしんたろう

2002年から6年間証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。2008年から株式会社かんぽ生命保険に転じ、債券や株式のファンドマネージャーや運用計画の策定等の運用業務に携わる。現在は個人投資家育成のため、中級者の個人トレーダーのスキルの穴埋めを目的としたこころトレード研究所を運営。代表取締役を務める株式会社イタヨミではパンローリング株式会社でWEBの通信講座「株のデイトレードスイングトレード通信するクール」を運営。株式以外には債券、不動産、太陽光発電所等、様々な投資を行っている。

陳晁熙 ちんちょうき

サンワード貿易 チーフアナリスト 東京都出身。東京理科大学理学部応用数学科卒。 予備校講師(数学科)を経て商品先物業界に入る。 商品先物市場と外国為替市場において調査、企画、運用等を担当し現職に至る。 テクニカル分析を主体に、背後にあるファンダメンタルズを併せて分析し、新聞、メディア等に寄稿。 著書に「個人投資家のための穀物取引入門」「個人投資家のための貴金属取引入門」(いずれも共著)。 国際テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

手塚宏二/小次郎講師

新しいチャート開発に取り組みながら、タートルズのトレード手法をベースとした小次郎講師流の手法による投資家教育を続ける。 テクニカル分析の講座でも高度なチャート分析の本質を日本一わかりやすく解説している。 2015年、ライフワークとしている「日本に正しい投資教育を根付かせること」をさらに推し進めるため、手塚宏二事務所開設。 投資教育の第一人者として、私塾の小次郎講師投資塾や投資セミナー、DVDや書籍など通じて精力的に勝てる投資家を育てる活動を展開している。

ゆうじ。

蟹座のO型。メールが得意で内向的だが、100kmマラソン10回完走の実はスポーツ派。
1990年に日本大学数学科を卒業して証券界に入る。のべ7社で24年間、先物およびオプションのディーラーを務め、累計30億円の利益を上げた。デイトレード中心で、1日の最大損失は500万円、1日の最大利益は6,110万円。月間最大利益が1億円なのに月間の最大損失は800万円と、リスクマネジメントに優れているのが大きな特徴。
ファンドの立ち上げに携わったこともあり、プレーヤー同士のつながりを大切にすることから、業界人が交流する場「マーケットフォーラム」の創設にも深くかかわった。

Goodway グッドウェイ

グッドウェイは、金融・IT・教育における未来の創造・共存共栄・エコシステムを目指すメディア・プロモーション・カンパニーです。 ”日本経済の成長と国民生活の安定に寄与する「好循環」の実現、変化への対応と健全性の維持” の実現を支援すべく、邁進してまいります。

香澄 ケイト かすみ けいと

米国カリフォルニア州の大学に留学後、バヌアツ、バーレーン、ロンドンでの仕事を経て、帰国。外資系証券会社で日本株/アジア株の金融法人向け営業、英国系投資顧問会社でオルタナティブ投資の金融法人向けマーケティングに従事する。退職後、株の世界から一転してFXに関する活動を開始し、為替情報サイト、マネー雑誌などの執筆、ラジオ番組への出演およびセミナー等の講師を勤める。また金融機関での経験を活かして、金融関連のセミナーやコンファレンス等の司会進行役も行っている。
著書に「あなたのお金を10倍にする外貨投資術」(フォレスト出版)、「今すぐ始めるFX5人の投資家が明かす勝利のルール」(すばる舎)がある。 FX関連は香澄 ケイト名で活動しているが、 ブログのみ本名の朝倉 伊津子(あさくら いつこ)で、自身のトレードを詳しく公開している。

中源線研究会

最古のトレードシステムといわれる「中源線建玉法」について、実践的な研究を行うための個人トレーダーの会。
2012年に発足し、Webサイトなどを通じてプレーヤー目線の情報を発信中。
2015年4月にシグナル配信を開始。
(サービス一覧は、こちらをクリック!
主宰は、書籍『中源線建玉法』を発行する林投資研究所。
 公式Webサイト(無料登録でシグナル配信)

尾崎 式史 おざき のりふみ

1969年大阪生まれ。同時にバブル崩壊後から始めた株式投資で、数々の失敗を経験しながら独学でチャート分析力を磨く。ネットトレードが普及しはじめた2000年頃から本格的にデイトレーダーに転進。下降相場でもコンスタントに利益を叩き出す。「チャートはあらゆる事象を反映している」を信念に、独自に磨いたトレード技術を活かし、2005年、勝ち組投資家の育成に貢献するため、投資スクール『尾崎塾』を開講。無料メルマガ「初心者でも株でしっかり月20万円」の発行者(読者数100,000人以上)でもある。

サンワード貿易株式会社

商品先物取引・取引所為替証拠金取引(くりっく365)・不動産賃貸事業・金地金の販売
詳細はこちら

〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-2 飯田橋スクエアビル 7F
電話03-3260-0211
代表取締役社長 依田年晃 設立:昭和39年7月
公式Webサイト

林投資研究所

投資顧問業登録番号関東財務局長(金商)第2602号(一般社団法人日本投資顧問業協会会員)

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階
電話 03-5953-8761 FAX 03-5953-8762
助言者:林 知之  創業1972年
  公式Webサイト(手法等に関する情報多数)

矢口 新 やぐち あらた

1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。野村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、債券のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。著書『生き残りのディーリング決定版』は、現役ディーラーの“座右の書”として、高い評価を得ている。現在は会社社長兼ファンド・マネージャーとして、資本金を株式市場などで運用。主著に『実践・生き残りのディーリング』『なぜ株価は値上がるのか?』など。

安間 伸 あんま しん

一橋大学法学部を卒業後、三菱信託銀行にて債券デリバティブ・トレーダー、その子会社の投資顧問会社でファンドマネージャーとして資産運用の道へ進む。その後シティトラスト信託銀行に移籍し、個人富裕層向けグローバルバランス商品の運用を担当。特にグローバル債券運用、先物・オプションを使った裁定取引、投資パフォーマンス評価、投資税制、システム開発などに精通する。いつも投資収益を最大化することばかり考えている筋金入りのコントラリアン(逆張り投資家)である。

生田 敏郎 いくた としろう

福岡県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。経済・経営、金融・投資関係の書籍・雑誌の編集・執筆に携わる。2012年に独立・開業。「投資家教育」をテーマに、金融・投資関係の情報提供を主な業務とする株式会社アルファレバレッジを設立。2013年、投資情報を提供するWebサイトおよび投資家向けインターネット放送番組「マーケット・スクランブル」を企画。サイトの管理・運営、番組プロデュースに携わっている。

植村 和久 うえむら かずひさ

長年のCXディーラー業務から市況調査室を経て、現在はサンワード貿易株式会社コンシェルジュデスク所属。ファンダメンタル分析に強みを発揮し、2012年は、WITV66ライブにて「週間コモディティ・レポート」を担当。 貴金属、穀物、石油、ゴムと、あらゆるコモディティの日々の動きに注目している。名古屋市出身、もちろん根っからのドラゴンズファン。

コジマくん

CX関連専門紙誌の記者、編集者、翻訳者歴が長い。鉱山スト、穀倉地帯の天候不順、地政学的リスクの高まりなどの言葉に接すると胸の動悸が早まるタイプ。相場の女神さまはツンデレだと信じ切っている。

髙山 剛 たかやま つよし

1984年山一證券(株)に入社。87年に、かつてイギリス4大銀行の一つであったミッドランド銀行に転職。外国為替や銀行間資金市場でディーラー人生を開始。その後、金利トレーディングの債券取引~債券先物取引~金利スワップ及びオプションと、デリバティブディーラーとしてのキャリアを重ねる。内外の銀行・証券にて、20年以上デリバティブのトレーディングや金融工学を活用したリスク管理業務などに携わってきた。数年前から組織を離れて主にコンサルティングの活動をしている。※「多くの人には逆さに見えても#INVESTUDY」というブログを執筆中。

ついてる仙人 ついてるせんにん

こんにちは。ついてる仙人です。私はすごくついてる人間です。私は人生がうまくいっていない人は、相場でもうまくいかないと思っています。ついてる人生を送っている人は、相場でも順調に利益を伸ばしていることでしょう。ついてる人生を送り、相場で利益を上げている人は幸せなお金持ちになっています。私の話は普通の人の話とは少し違うかもしれません。普通の常識とは少し違うかもしれません。信じられる人だけが信じていただければいいと思っています。まずは信じられるかどうか私のブログをご覧ください。そして幸せなお金持ちへの一歩を踏み出してくださいね。

工藤 哲哉 くどう てつや

丸万証券入社(現東海東京証券)、株式部先物オプション課配属。オプションを中心にディーラーとして運用の世界に入る。大東証券(現みずほ証券)に移籍。現物株及び派生商品でのディーリングを行う。並行して業界活性化、交流の拡大を目的としたNPO法人金融証券マーケットフォーラムを業界の有志とともに立ち上げる。アイザワ証券に移籍。先物を中心にディーリングを行いながら人材育成に取り組む。シンガポールに渡りヘッジファンド立ち上げなどに取り組んだ後、山和証券にてディーリング部長としてマネジメントを行う。

林 智意 はやし ともえ

東京都出身。大学時代は、体育会ゴルフ部に所属。卒業後は印刷会社に勤務し、日本で初めてラッピングサービスを有料化する企画に参画した。出産を機に退職。3人の子どもを育てながら、自立をテーマにした教育の技術、カウンセリング、そして米国のセルフマネジメントプログラムを学ぶ。2010年、一般社団法人MITを設立。独自のゴール達成セルフマネジメントトレーニング「Mind Toughness Program」を開発し、このプログラムを基にファミリービルディングやゴルファー向けキャンプ(4Dゴルフ)を実施。メンタルコーチとして携わった大学ゴルフ部が、最下位リーグからAリーグに昇格した。ミキハウスの子育てアドバイザーを務めるなど、自らも「メンタルアドバイザー」として活躍中。

林 知之 はやし ともゆき

東京都杉並区生まれ。商品のサヤ取りを始め、相場の世界に入る。 FAIクラブ誕生とともに株式に移行。これまで株式投資の実践で成果をあげながら、独自の投資哲学を築き上げてきた。 現在は、投資顧問会社「林投資研究所」を経営。実践的な相場セミナー、相場技術論習得プログラム「PRM」を行うほか、FAI投資法を中心に個人投資家に売買のアドバイスを行っている。メールマガジン「1分間の相場実践知識」を不定期に配信中。

プロギャンブラー NOBUKI

プロギャンブラー。 1971年東京生まれ。大学卒業後、1年間のフリーター生活を経て、プロギャンブラーとして始動。以来、15年間に世界82ヶ国を渡って修行を積む。年間勝率自己ベストは9割。主な著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)がある。現在、書籍の執筆やセミナー講師などの活動にも力を注ぐ。

松下 誠 まつした まこと

ドリームワークス株式会社代表。1967年福岡県生まれ、富山医科薬科大学卒業後、製薬会社入社。2001年2月製薬会社のMR(医薬情報担当者)時代に、株式投資と商品先物投資を開始。 1年半で 1,500万円の資金を失うも、諦めることなくトレードを学び続け、厳格な資金管理とトレードルールを作り上げた。以来、着実な利益を上げるトレーダーへと変貌。2005年ドリームワークス株式会社を設立。自身の経験と明快な理論に基づいた個人投資家への啓蒙を続け、直接指導した投資家は3万人以上に及ぶ。著書にFXサイクル投資法マスターブック(ダイヤモンド社刊)などがあり、ベストセラー作家でもある。
松下誠が運営する投資情報サイト「インベスターズクリニック」

山田 良政 やまだ よしまさ

株式会社オフィサム 代表取締役。2011年、ひまわり証券内で実稼働されたトレードシステムの年間成績ランキングで、1~6位、8~10位を独占し、2012年には「選択型自動売買サービス・エコトレFX」に数多くのシステムを提供し、利用者数1位、年間成績1位を獲得。2013年には自身が開発したトレードシステム「Aznable++(ドル/円)」が、ミラートレーダーに導入されている全世界8,000以上のトレードシステムの中から、年間最優秀ストラテジー賞を受賞。

横澤 清久 よこざわ きよひさ

岩手県生まれ。初めての投資は、大学3年生のときに奨学金を貯めて買った東北電力株。大学卒業後、証券会社・生命保険会社にて勤務。その後、専業トレーダーとして独立。主力の運用法は「サヤすべり取り」。FX系を中心にトレードコンテストにも定期的に参加し、入賞経験多数(単に参加回数が多いから入賞数も多いという噂も…笑)。2004年より運用ノウハウと運用状況などをメルマガやブログを通じて発信し続けている。